こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

同じ塗り薬なのに軟膏タイプとクリームタイプ

”あせも”があり、かゆかったので、薬局に塗り薬を買いにいったんですが、同じ薬で、軟膏タイプとクリームタイプがありました。
値段は同じで、用途も同じです。
軟膏かクリームかの違いです。

この違いって何かあるのでしょうか?

まったくわかりません。

わかるかたお願いします

投稿日時 - 2005-09-25 03:14:56

QNo.1671576

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

軟膏は皮膚への刺激が少なく、ジュクジュクした患部にもカサカサした患部にも使用することができますが、クリームはジュクジュクした患部には適しません。
クリームはしみて痛いことがあることや、滲出液を疾患部に再吸収させる心配があります。(しかし、開発の進歩により、刺激の少ないクリームも登場し、広い範囲で使用されるようになってきています。)
軟膏は皮膚を保護する効果も期待できます。しかし、べたつく、顔など露出部に塗った場合はテカテカと光ってみえるなど使用感が悪い、クリームに比べて薬の吸収性が劣るという欠点があります。
クリームは伸びがよく、塗布後もサラサラして使用感がよい、経皮吸収性がよい、塗布後、水で洗い流せるなどの特徴が挙げられますが、皮膚を保護する作用は軟膏に劣ります。その他、夏季などの湿度が高い季節には使用感に優れたクリームが、また、冬季などの乾燥した季節にはクリームにより皮膚の乾燥が助長されるので、軟膏の方が適しているといった季節による使い分けもされることがあります。

投稿日時 - 2005-09-25 13:07:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

薬そのものの違いもあるかもしれませんが、私は両方のタイプを用意してある塗り薬がありがたいです。

…クリームにするための”乳化剤”あるいは”乳化させた”ものにアレルギーがあるからです。軟膏を基準に選ぶとステロイド入りがほとんどですから…両方のタイプがあると選択肢が広がってうれしいです^^

投稿日時 - 2005-09-25 08:36:26

ANo.3

外用剤には軟膏、クリーム、ジェル、ローションなどがあり、有効成分が同じであっても使用する部位やお肌への吸収率が異なります。
ジェル、ローションは頭皮等の塗りにくい部位、軟膏やクリームはそれ以外の部位に使用されます。
吸収率は、軟膏>クリーム>ジェル≒ローションの順です。
クリームは軟膏と比較してべとつかず塗り心地がさっぱりしている反面、さまざまな添加物が含有されているため、刺激になることがあります。

薬局で購入する場合、薬剤師に相談すると良いですよ。

投稿日時 - 2005-09-25 07:36:48

再び失礼します。
軟膏は、塗りこむだけではなく、酷い症状に使う場合は、
ガーゼや絆創膏などで保護する場合などに便利だと思います。

投稿日時 - 2005-09-25 04:17:07

軟膏タイプよりクリームタイプのほうが、やわらかくて塗り易いのでしょう。
ただ、クリームタイプには、パラベンなどの添加物が含まれている場合があります。

お好みのほうでいいと思いますよ。^^

投稿日時 - 2005-09-25 03:20:53

お礼

早々の回答ありがとうございます。

クリームの方が塗りやすいのなら、クリームだけにすればいいのに
なんで軟膏タイプも売っているんでしょう?

投稿日時 - 2005-09-25 03:23:36

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-