こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

アート業界でのインターン留学について

現在、新卒一年目の社会人です。
大学時代芸術学部でアートビジネスやアウトリーチ、メセナ活動について学んでました。
卒業後もそういう仕事に就きたかったのですが、就活に失敗していまは全く関係のない業界の一般事務をしています。
あきらめずに、転職活動もしていますが、なかなかうまくいきません。
そこで、このままこの会社で働くよりはアートが盛んな国の企業でインターンしてきた方がいいのでは?と思い始めました。
その際に、どういったエージェントを選べばいいのか、帰国後は就職できるのかなどが知りたいです。
今のところは、4月から1年くらい、イギリスかアメリカかなと考えています。また、英語には自信がありません・・・

投稿日時 - 2011-12-12 01:06:51

QNo.7184963

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

4月から1年くらい、イギリスかアメリカかなと考えています。また、英語には自信がありません・・・

英国に1年間学生としてT4学生Visaを申請する場合は指定された英語力を証明できなければVisaを申請することができません。

英語力がT4学生Visaの基準に達していない場合はビジター学生Visaで11ヶ月を最長に滞在は可能ですがこのVisaは就労(インターン)を禁止しています。

インターンができるのは指定された学校でコースもある程度決まっていますので外国(日本)の斡旋業者のビジネス範囲から外れています。
 
学生ではなくYMS(ワーホリ)で行けば自由に就職活動ができ、学校にも通えます。
1年ほどの期間を考えているならYMSVisaも考慮されると良いでしょう。

日本はこのVisaの競争率が異常に高く2012年度は抽選制度に変更になったようです。
抽選登録をするそうですから詳細を調べると良いでしょう。
日本のワーホリサイトを調べれば出てきます。

アメリカにはワーホリ制度が無いのでJ・Visaで行く人たちが多いようですが・・・???

投稿日時 - 2011-12-12 19:57:16

お礼

ありがとうございます。
調べれば調べるほど、外国で自分がやりたいと思うことは実現不可能なようです。
考え直してみます。

投稿日時 - 2011-12-15 01:44:45

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

イギリスのことはあいにく存じませんが、アメリカでは有給インターンはあり得ません。そのようなことを可能だと言っているエージェントがもしあったら、大いに疑ってください。
高額な斡旋手数料にあなたがインターンの報酬として受け取る分までが含まれているだけだと、カラクリを読んだことがあります。
夢を壊すようで申し訳ないですが、現地語も話せない外国人が外国で簡単に働けるはずはありません。現実はそんなに甘くはありません。

他の方法では、英語もネイティブレベルになってから、正規に大学留学して卒業したあとOPTという制度で働かせてもらえるそうですが、無給でいいようにこき使われるだけだとも聞きました。
それから、外国で就職するために学んで帰国した人が、日本で就職できるとは期待しない方がよいです。日本のやり方になじめない特有の「くせ」がついてしまうものなので、そのような人を採用したいと考える日本企業は少ないのが現実です。日本で外国の経験を生かして働くとしたら、独立するしかないと思います。

ただ学びに行くだけなら、比較的簡単ですし、とてもよいことだと思いますよ。まずはがんばってお金を貯めてみてください。
また「1年ぐらい」考えていらっしゃるのなら「ビザ」のことも調べてみてください。これが発給されなければどんな方法でも長期滞在はできません。

投稿日時 - 2011-12-12 10:12:16

お礼

ありがとうございました。
冷静に考えれば、英語も話せない外国人がインターンなんてできないですよね。安易でした。
もっと調べてみます。

投稿日時 - 2011-12-15 01:43:01

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-