こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

金買い取り業者はいくら高くても買い取らないと

このところ金価格が上がっています。
金買い取り業者、質屋さんはいくら高くても買い取らないと行けないのですか?
買い取った後、暴落したら、買い取った金が買い取り価格より下がった場合どうするのですか?
素朴に疑問に思ったので質問させて頂きました。

投稿日時 - 2017-02-06 08:00:39

QNo.9290385

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

買取り業者の場合は中間マージンとして20%程度を差し引きます。
質屋さんの場合は、質屋組合が日々の業者間転売価格を公表(加盟店に日々FAX)しており、それを参照しながら入質価格や買取価格を決めていますが、単純な価格とは限らず入質者のこれまでの利用歴や流質経緯等をベースに品物の価格より高くても入質を受ける場合があります。
勿論正規の価格より高く入質した品物を流質するのは自由ですが、その場合は次から一般の入質基準値しか貸してくれなくなります(所謂信用貸し)。一般の基準値とは市場価格の7割以内です。質屋は4ヶ月以内に受戻す(元利一括払い)か利上げ(それまでの金利だけ払い込み流質期限を延長する方法)をしない場合は流質として業者間転売価格で転売するのが通例です。期限を超えた場合でもまだ(偶々)転売していないなら利上げや受け戻しは可能です。
買取依頼の場合業者間転売により売却する前提で買戻不可条項を入れて契約します。未成年の場合親権者が取り消せる為通常は買取りを断ります(これは田中貴金属等も同じです)。
自社製金地金等は比較的プレミア付き価格で買取り、他社製はプレミア無し価格になります。田中貴金属や徳力等では買取った地金を全て一旦工場で熔解し地金再生をします。金貨については熔解再生が必要か否かで買取価格が変わりますが、買取金貨は本社に送り鑑定して再度市場に出回ります(金貨そのものは法貨でもある為再生価格の場合本国に送り返して額面分の金貨に交換して貰います)。
貴金属商は価格下落に備え東京市場や北米市場等で先物売建をする場合があります。三菱や住友など山元建値がベースですが、彼等も価格安定の為に先物を売って売値確定させたりとかもします。

投稿日時 - 2017-02-15 21:43:36

ANo.2

寝かしておくんです

お金に困っていてそういう仕事をしているわけではないので
上がったとき売ればいいので

投稿日時 - 2017-02-06 11:25:57

ANo.1

>買い取った後、暴落したら、

暴落するほど保有期間は長くありません。すぐに工業用金として売られます。

>このところ金価格が上がっています。

昔6000円だったころに比べれば、まだまだ安いです。
2年位前は5000円ギリでしたし、4年前は5000円以上でしたね。

買い取り業者

1.金製品を客から買い取る。(1の価格)
2.買い取った金をまとめて溶かし、工業用金を作る。
3.工業用金を売る。(2の価格)

買い取り価格(1の価格)は、工業用金として売る価格(2の価格)よりも安く設定しているので、業者が損をすることはありません。

例 

1.質問者様から、1グラム4800円で金を買い取る。
2.すぐに溶かし、工業用金を作る。
3.工業用金を、1グラム5000円で売る。
4.買い取り業者が、1グラム200円儲かる。

投稿日時 - 2017-02-06 08:26:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-