こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

京が二位ではよくなかった技術的理由

「2位じゃダメなんでしょうか」という発言が批判されていましたが、
TOP500で京を抜いた天河二号はIntel Xeonを採用しています。
これは、京のように独自のプロセッサを内製せずとも、大量の予算でXeonを買ってこれば誰でもTOP500の一位になれる(または、なれる時期があった)ということではないかと思います。

現在トップの神威・太湖之光のプロセッサは中国内製です。これは中国が技術力を示す意図とアメリカ側の軍事的な理由があるのではと思いますが、日本がアメリカなしでもプロセッサを作れることを示すという理由があったとしても、オラクルはアメリカ企業なのであまり変わらないのではないでしょうか。
(ラリーエリソンが日本好きという要素はありますが)

また、独自プロセッサファミリを開発した後はPowerPCのように民生用にも展開していくと考えた場合、
Intel CoreプロセッサファミリはCeleronからXeonまでスケールしています(民生用デスクトップからHPC・サーバーまで)が、SPARC 64プロセッサファミリを採用した製品を見ると、ほとんどスケールしていない(HPCやサーバーのみ?)ように見えます。

以上の理由から、京の意義がよく理解できずにいるのですが、京の意義はどこにあったと考えられますか?

投稿日時 - 2017-07-09 09:02:33

QNo.9349914

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>京の意義がよく理解できずにいるのですが、京の意義はどこにあったと考えられますか?

作ったスパコンで次のスパコンの設計をしているらしいので、順位がさがると、次のスパコンの設計が苦しくなり、順位がドンドン転落していく可能性があるようです。
あくまで可能性です、凄い効率の良い設計ツールが開発できれば順位を上げられる可能性があります。

>TOP500で京を抜いた天河二号はIntel Xeonを採用しています。
>これは、京のように独自のプロセッサを内製せずとも、大量の予算でXeonを買ってこれば誰でもTOP500の一位になれる(または、なれる時期があった)ということではないかと思います。

そのとおりです、ただ大量のCUPを使うと言うことは、(マザーボードにCUPを4つ乗せてとしても)大量のマザーボードが必要で、それは大量の電力が必要らしいです(中国のスパコンを稼働させるのに原発が1機必要だそうです)。

投稿日時 - 2017-07-09 09:55:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

スーパーコンピューターの開発はビジネスでもあるので、ユーザーが現れて利用されない限り巨額の投資が無駄になります。ユーザーはメインフレームやクラウドシステムのような一般の企業ではなく、科学技術計算、地球、宇宙規模での変化をシミュレーションしたい人たちで、時間をお金に変えられない人たち。その人達に世界で2番めに早いのでよろしくと言っても意味がありません。スパコンの世界では他社、他国よりも1.2倍早いですとか言う競争ではなく、10倍、100倍早いですと言う競争をしているので、例えばミサイルの弾道計算をしている時に1番手が1ヶ月で計算できるところを2番手が1年かかりましたでは勝負になりません。
プロセッサーで何を選ぶかは別の話で、Xeonの様な汎用のプロセッサーは安く手に入るのでたくさん導入してソフトウェアで勝負すればスケーラビリティがありますが、スパコンで必要とされる演算に特化したプロセッサーはそれはそれで勝ちがあり、一方でソフトウェアの開発とスケーラビリティで難があります。ただどう言う選択をするかはこの際大事ではなく、ハードウェアであろうがソフトウェアであろうがたくさん並べて並列度を高めようが早いことは大事です。

投稿日時 - 2017-07-09 20:31:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-