こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

米国で増加するプレッパーについて

質問の内容を書いてください米国で増加するプレッパーについて質問です。

「プレッパー」とは、非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のことを指す。
元々、「プレッパー」という言葉は、「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみられている。
彼らは政府やマスメディアを信じず、国際資本家を敵とみなす傾向が強い。
そのため、支配階級の力が及ばないローカルなラジオやインターネット、身近なコミュニティなどを情報源としており、状況によっては隣人をも敵とみなす強固に自立したライフスタイルの実践者であり、暴動や経済崩壊、核戦争、世界の終わりなどを想定しているそうですが、ここで以下の質問です。

1.我々日本人も、米国のプレッパーのように文明崩壊に備えて、自宅に核シェルターを設置し、生活物資を備蓄し、さらには武装し、そして生活物資の生産できるよう、自分専用の工場を設置する程の対策を取るべきでしょうか?

2.なぜアメリカのプレッパーは、政府やマスメディアを信じず、国際資本家を敵とみなす傾向が強いのでしょうか?
●『In Deep (旧) 世界の終わりに向かって本当に必要なもの:プレッパーズの方法だけでは持続的なサバイバルは成し得ないという確信』↓
http://oka-jp.seesaa.net/article/424884725.html

投稿日時 - 2017-10-12 22:33:12

QNo.9385218

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 僕は在米ですが、交友範囲が狭いからか、国が広いからか、こういう人には会ったことがありません。

 この前の戦争で防空壕を掘ったり、今の災害、特に地震などに備えて飲み水や救急医薬品を準備している人には会いました。

 でご質問ですが、1.我々日本人も、米国のプレッパーのように文明崩壊に備えて、自宅に核シェルターを設置し、生活物資を備蓄し、さらには武装し、そして生活物資の生産できるよう、自分専用の工場を設置する程の対策を取るべきでしょうか?

 これは自由な国ですから、個人の判断に任せればいいと思います。

2.なぜアメリカのプレッパーは、政府やマスメディアを信じず、国際資本家を敵とみなす傾向が強いのでしょうか?

 要因には、ガンで家族は自分で守る、宗教で世界の終わりが来る、生存競技や大人の戦争遊びで適性ができている、などといった考えがあると思います。

 なぜアメリカのプレッパーは、政府やマスメディアを信じず、国際資本家を敵とみなす傾向が強いのかは、多少現実主義的な面もあるからでしょう。

 

 

投稿日時 - 2017-10-13 01:26:26

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

1.我々日本人も、米国のプレッパーのように文明崩壊に備えて、
自宅に核シェルターを設置し、生活物資を備蓄し、
さらには武装し、そして生活物資の生産できるよう、
自分専用の工場を設置する程の対策を取るべきでしょうか?
   ↑
どうでしょう。
ワタシは老い先短いので、そんな対策はとりません。



2.なぜアメリカのプレッパーは、政府やマスメディアを信じず、
国際資本家を敵とみなす傾向が強いのでしょうか?
  ↑
米国人は、銃規制でもそうですが、自分のことは
自分で守る、という意識が強いのです。
だから、いつまで経っても、銃の規制が進まないのです。

また、米国人は攻撃的です。
メキシコの領土を半分近く強奪しましたが、正々堂々と
奪い取った、と胸を張ります。
そういう国民性ですから、他者も同じだ、と考える
のでしょう。

投稿日時 - 2017-10-13 18:59:07

ANo.2

あの人たちが武装するのは、何かあったら奪い奪われの世の中になると思っているからです。
生産力のない都市住民が「キラーキャラバン」という、あちこちさ迷って略奪するようになると信じているからですね。
これはつまり、根底には弱きものからは奪ってよいという思想があります。

ワタシはそうなった場合、銃持ってシェルターに籠城するより、逃げるつもりです。

投稿日時 - 2017-10-13 15:59:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-