こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

成田美名子という漫画家

成田美名子という漫画家がいますが、80年代で明るい作品。90年代で、海外の作品を描いていたという思い出があるんですが、最近20年間は大きく作品の考えを変えてきました。能楽師なんて、真逆のテーマにした理由って何でしょうね。

成田美名子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E7%94%B0%E7%BE%8E%E5%90%8D%E5%AD%90

投稿日時 - 2017-10-13 13:47:18

QNo.9385408

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

成田さんの作品って、初期の「みき&ユーティ」は確か函館、
「あいつ」は青森が舞台です。

そのあとの作品はしばらくアメリカが舞台になりますが、どれも
日本人が重要な脇役で出てきますし、ストーリー上重要なところ
で日本に行く話があります。

「エイリアン通り」は「川原翼」で「第四話:略奪された一人の花嫁」
「CiPHER」は「竹下春臣(ハル)」で日本には行ってませんが
「ALEXANDRITE」は同じく「ハル」と「ハットリ」で「Chapter4.
"ITUKA KITTO"」が日本に行く話です。

なので、当初から日本にこだわっている作家さんなことは確か
だと思いますよ。急に日本に回帰したわけじゃないです。

投稿日時 - 2017-10-13 20:23:10

お礼

ご回答ありがとうございます。
でも、こだわり方が意外と日本風ではなかったですね。確かに日本人ですけどね。「風姿花伝」張りの能役者が出てくる作品を書く人じゃなかったな。どちらかというと舞台は洋風かアメリカ、アラビアもあったかな?函館という街だって、洋風建築の集合体だしね。最近の中東とアメリカの在り方見て変更したかな?

投稿日時 - 2017-10-13 20:37:16

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

サイファとかアレキサンドライトとか面白かったですねえ。
海外物をけっこう書いてみて、改めて日本文化に目が向いたんでしょうかね

投稿日時 - 2017-10-13 15:50:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
この漫画家さんにはまったのは小学生くらいからだから、ちょうど三期アンドユーティからかな?10年くらいです。調度、エイリアン通り辺りで、私は読むのをやめました。社会にはまだ出ていませんでしたが、世の中がそんなに甘くないという風に考えるようになったんです。

投稿日時 - 2017-10-13 16:17:47

ANo.1

初期の頃から好きな作家さんでしたね。
サイファを書いたあたりから、コメディ路線からヒューマンドラマ的な部分が多くなった気がします。一つ前のエイリアン通りも主人公の人生を描くにあたりかなり複雑で、とても面白かったです。あの辺で、精神的な描写をするのに臆しなくなったと、思っています。
絵も上手くなりましたしね。
今の花よりも花の如くはその一つ前のNaturalからのオムニバスですよね。だから、特に路線が変わった様には感じてはいませんでした。
恋に奥手なのはどの作品も同じだしw

投稿日時 - 2017-10-13 14:52:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
この漫画家さんにはまったのは小学生くらいからだから、10年くらいです。調度、エイリアン通り辺りで、私は読むのをやめました。社会にはまだ出ていませんでしたが、世の中がそんなに甘くないという風に考えるようになったんです。

投稿日時 - 2017-10-13 16:16:30

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-