こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

熱ルミネッセンス年代測定法

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/060900217/?P=2
こちらの記事で
”ユブラン氏は2007年の研究でもジェベル・イルード遺跡の年代を推定しているが、今回は前回の結果より2倍も古い数字になった。この不一致は、前回の研究であまり厳密でない放射能モデルを用いたことによって生じたものだ。前回のデータも新たなモデルで評価すると、年代は約28万6000年前となり、今回の研究と矛盾しない数字になった。 ”

こういった内容が書かれています。
あまり納得いかないのですが、熱ルミネッセンス年代測定法というのはここ十数年でそんなに劇的に精度があがったのでしょうか?

投稿日時 - 2017-10-20 05:18:36

QNo.9387785

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

精度があがったわけではなく、前提条件を変えたから計算結果が変わっただけのことでしょう。
熱ルミネッセンス年代測定法は、どれだけ放射能を浴びたかという測定結果と年間どれだけ放射能を浴びるはずだという推定値から年代を計算するのですから、どれだけ放射能を浴びるはずだというモデルを変えれば計算結果の年代が変わるでしょう。前回使ったモデルだと計算結果がどうも他の状況とあっていないということで、モデルを見直して計算し直したら他のデータとも矛盾しない結果に変わったということかと。

投稿日時 - 2017-10-21 02:15:44

お礼

地質によって受ける放射線量が違うということでしょうか?
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-10-23 09:27:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-