こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

パートナーとの結婚準備で楽しかったこと

2月に結婚を前提とした同棲が開始、3月に入籍、9月に結婚式を予定しているものです。

そのため12月頭から新居探しを開始し半月が経ちました。まだ家は決まっていません。というのもお互いが仕事で休みが合わず一緒に内覧にいける日数が少ないということと、彼がこだわり派で家賃、住む場所、内装をコロコロ変えてしまうからです。(例えば家賃を5000円上げると部屋が2帖広くなった物件が出てくるけどどう?や、住む場所をここに変えれば同じ家賃でこの物件が出てくるけどどう?など)彼いわくどうせ高いお金を出して住むのであればお互い一番理想に近い家が良いということです。そのせいもあり、仕事が終わってから2~3時間ほぼ毎日物件の話を電話でやりとりし、また話し方も会議のような形なので(今の話聞いて気になるところは?など)正直楽しいものではありません。そして仮に私が気になることが無いと答えても彼自身で粗を探してしまい、振り出しに戻ってしまいます。物件探し自体貴重な休日と睡眠時間を削っているのでさすがの私も弱音が出てきて「早く決めて遊びに行きたいね」と言うと「何言ってんの?遊ぶ時間なんてないよ?これが片付いたら次は結婚準備で、俺は休みの日は自分の転職活動もするから」と言われました。また、有給が同じ時期に消化できず、私が彼より1週間早く新居に移るということも可能性もあり、それを聞いたときに「(今探しているのが2LDKの物件なので)広い部屋にひとりは寂しいな」と呟くと「ねぇ、なんでそんなわがまま言うの?」と言われてしまい、とうとう涙。向こうは私が泣いていることに気づいてないですし、私が言っていることがわがままなのも理解出来ますが、涙をこらえ切れずに用事が入ったからと電話を切ってしまいました。
私は物件探しが終わればクリスマスはデートしたいと思っていましたし、お正月は初詣、2月には4年記念日もありますので、遠出のデートもしたいと思っていました。しかし彼はデート自体「そんなこと」と思っていることがわかり、涙が出たのです。
私にとって彼とのデートはかけがえのないものでまた仕事のストレス発散でもあったのですごくショックでした。
また、今回の1件で、物事を二人で決めることの大変さを知り、結婚準備も不安でなりません。正直もっと楽しいものだと思っていました。
周りに結婚している人がいないのでここでお聞きしますが、新居探しや結婚準備で楽しかったことなどはありますでしょうか?
また彼の態度についてのご意見お願いします。
彼と別れろなどのコメントなどは求めていません。

投稿日時 - 2017-12-16 03:59:25

QNo.9408312

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

ANo.9

3月に新居に引っ越し、4月に入籍予定です。

2月に引っ越しだとあまり間がなくて、物件選び、大変ですね。
早く決まるといいですね。

私達は結婚を決めてから、一年近く時間があり、新居は早いうちに決まりました。
殆ど彼が決めました。
彼は自分が納得しないとダメなタイプだと思うので、私はほぼ彼にお任せしてました。
彼も自分の意見を決めながら、私に嫌かどうかいつも確認してくれたので、よっぽどの時に意見するくらいでした。

今は家具や家電選びをしており、ほぼ休日はお店通いですが、どんなお部屋にしたいか話し合いながらなので、とても楽しいです。
彼は必死に良いものを手に入れようと頑張ってくれていて心強いし、彼が交渉に遣り甲斐を感じているのを見て、微笑ましいし、交渉の仕方も勉強になったりしてます。
まぁ、具体的になってきたので、趣味の違いも明確になってますが、私も許せる範囲に彼にも妥協して貰えばいっか、と思ってます。

質問者様の彼は、新生活に向けて一生懸命なんですね。
転職活動もするとなると、一気に様々なことをしっかり決めねば!と焦り?のような、不安のような気持ちもあるのかもしれないですね。
だから、今は現実的な見通しがある程度立つまで、デートや遊びはムダ、と考えてしまうのかもしれません。
女性は気持ちが大切だから、ちょっとがっかりですけど、無理せずに睡眠時間も死守して頑張って下さいね。

私も嬉しいことを沢山探しながら、大変な時は彼に主張しながら頑張ろうと思います。

投稿日時 - 2017-12-29 01:10:59

ANo.8

◎カーテン探し:スペア・キー用アクセサリー:自転車選び:花瓶:スマフォ:

投稿日時 - 2017-12-22 12:45:42

ANo.7

おめでたいこと続きですね。
お忙しい日常でしょうけど。
私はあなたよりもっと時間がありませんでしたけど、新居選びも、結婚式も引っ越しも全て夫と楽しみましたよ。気持ちの持ちようですよ。
結婚を機に、夫の希望で専業主婦になるというのもゆとりが持ちやすかったのかもしれません。
新居選びの為に、数泊の婚前旅行をしましたが、現地ですぐにぴったりの条件の物件と出会えて即決して、残りの滞在時間をフルに楽しみました。結婚式は急だったため、家族・親族のみで執り行いました。そのため、それほど準備のための時間は取られませんでした。皆が喜んでくれる式となりました。
何より、気難しい私が、夫とは奇跡的に波長が合ったということで何もかもスムーズに進んだのかもしれません。
あなたも、彼との時間を大切にしてくださいね。

投稿日時 - 2017-12-18 12:12:57

既婚女性です。

私たちが結婚する時、質問者様たちと立場が全く逆でした。

主人は普段からのんびり構えていましたからね、私はなんでもさっさとしてしまいたいせっかちな性格で。

主人のお尻をたたくので必死だった思い出があります(笑)

そのことを思うと、質問者様のパートナーは現実的でしっかりしてくれているので、のんびり屋(?)の質問者様とピッタリなのではと感じました。

だって、どちらものんびりしてたら物事進みませんし、どちらもせっかちでしたらピリピリしてしまいますもの。

>周りに結婚している人がいないのでここでお聞きしますが、新居探しや結婚準備で楽しかったことなどはありますでしょうか?

私たちは婚活で知り合って中距離恋愛(新幹線を使うくらい)から始めたので、結婚準備は最初はお互い家が離れた状態からでした。

月に2度会うペースは崩さず、業者さんとの話し合いや契約が済んだ後デートしてましたよ。

丸一日デートするのが難しければ、「せめてこの日の夜くらいはお食事デートしましょうよ」などと誘ってみてはいかがでしょうか?

その時「私にとって彼とのデートはかけがえのないものでまた仕事のストレス発散でもあったのですごくショックでした。」この気持ちをそのまま彼に伝えることも忘れずに。

寂しさはためこめばため込むほど、後になって爆発してしまうので、今も結婚した後もその時感じた気持ちは彼に素直に伝えてくださいね。できればその日のうちにがいいですね。

「そして仮に私が気になることが無いと答えても彼自身で粗を探してしまい、振り出しに戻ってしまいます。」このエピソードが私と主人のやりとり立場は逆ですがそっくりで笑ってしまいました。

そういう時は決まって主人は私に「好きにしていいから、○○ちゃん(私)が決めたことに反対しないから、決まったら教えて」と言われたものです。

今後結婚生活においてお互い何かしらこだわりが見られることが多くなると思いますが、その時はこだわりある方にある程度任せてしまうとスムーズに行くのではと思いますよ。

そして最後に、お互い常に思いやりを忘れずにいてください。

少しでもご参考になれば幸いです。お幸せに!

投稿日時 - 2017-12-18 01:26:30

ANo.5

結婚準備で楽しい事なんて一つも有りません。
もめて喧嘩が増えるばかり。楽しいどころか結婚そのものも無くなりそうなぐらい。
二人だけなら、まだしも、そこに親が入るから、もっと揉める。

彼の言う通りデートとか言ってる場合じゃないかも。
だって色々、決めなければいけないことの期限が有るわけだから。

ただ、彼は色々、こだわりが強そう(完璧主義で妥協し無さそう?)
これは結婚後も相当、大変だと思うよ。
何かを決める度に、喧嘩をして、あなたの泣いてる姿を想像してしまう・・・。

しかもプラス彼、転職も?そりゃ彼、大忙しだわぁ。デートどころの騒ぎじゃないです。
彼より、あなた・・・彼は、こだわりは強いんだろうけど普通だと。
結婚はイコール生活です。そんな夢みたいな状態で大丈夫?

投稿日時 - 2017-12-16 14:02:14

ANo.4

そういえば楽しい新居探しとか結婚準備とかそういうのを期待してはいなかったですね。

うちは結婚を決めた直後から結構急ぎまして、
プロポーズからプチ旅行・新居引っ越し・結納・お葬式(主人の親)・法事・挙式披露宴・新婚旅行というフルコースを半年でやりました。

二人とも仕事は忙しいし、時間も休日も合いません。
月に1~2回デートができれば良い方でした。

私は何もかもを「彼と二人で一緒に」やる必要はないと思っていましたし、
彼も私もできる時に出来る方がやる、任せたことは信頼して任せる、
こだわる部分は余程のことがない限りさっさと譲る、というスタンス。

別会社で働いている人と同じプロジェクトを決められた納期までに仕上げるという感覚の方が近いです。
どちらもがこだわりを主張し始めたら工程はストップしますし、納期は変えられません。他の方にも迷惑をかけます。
お互いにゴールがどこか、何が大事かをはっきり共有できていたので、
要点だけを会って話せる時にきっちり詰めて、実行はそれぞれができるタイミングで進めました。

部屋の内見も不動産に詳しい友達と探しに行き、良さそうな所を選んだら別の日に彼が直接見て決めました。
そうした方が効率が良かったからです。
あなたの場合は彼がこだわる人なら譲れない条件だけは伝えて彼に任せてしまう方がいいように思います。
100%満足のいく家なんてそうそうありませんし、住んでからあれこれ変えていく楽しさもあります。
物件決定後は絶対に必要な大型のものだけデート前に二人で見に行きましたが、
結婚してからでも買い揃えられそうなものはさっさと後回しにしました。
結婚後に必要だと思うものを二人でのんびり買い回る方が楽しいですもの。

新居には彼だけが先に引っ越し、私は平日の仕事帰りに寄って彼が帰ってきてから1時間程度の打合せをして家に帰っていました。
週末も泊まったり泊まらなかったり。

基本的には自分のストレスくらいは自分で解消した方がいいと思います。
結婚前なら今のうちに友達と話をしたり、親を旅行に連れて行くとかもできるし、一人でのんびりエステや温泉でリフレッシュすることもできます。
彼とのデートが楽しいのはいいことですが、それくらいしかストレス解消の方法がないというのは危険です。

>「何言ってんの?遊ぶ時間なんてないよ?これが片付いたら次は結婚準備で、俺は休みの日は自分の転職活動もするから」
就職活動があるのならなおさら彼は早く結婚準備(短期のプロジェクト)に目処をつけて、
転職活動(今後の人生に関わる大きな挑戦)に集中したいはずです。
そこをサポートするのが人生のパートナーである妻としてのあなたの腕の見せ所だとおもうのですが、いかがでしょうか。

遊ぶ時間が欲しいのなら、新居探しも結婚準備も、最大効率で処理していかなくてはならないのでは?

あなたにとっては幸せは結婚前の諸々を愛する彼と一緒に存分に楽しみたいという気持ちが強いのかもしれませんが、
男性の多くは結婚準備や新居探しは結婚相手を選ぶことほど重要なことではありませんし、できることならなるべくスピーディーかつ効果は高くありたいものだろうと思います。

私は楽しいのは彼と一緒になることであって、新居選びも結婚式もそれには到底及ばないことです。
なので完璧も楽しみもさほど多くは求めませんでした。
準備のために喧嘩をするなんて最も意味のないことかもしれません。
(結婚式が終わり落ち着いてみると多くの花嫁さんが何であんなにこだわって苛ついたんだろうと憑き物が落ちた話をします。)

式の準備を楽しみたいのなら時間をかけて楽しみを共有してくれる人を選べば良いので、お友達や姉妹、お母様などは適任だと思います。

後に回せる楽しみは結婚後に持ち越せば今の負担はぐっと楽になるはず。
彼の転職活動が終わってからゆっくり旅行にも行けばいいし、
その方がきっとあなたも彼も心からリラックスできて楽しいと思います。

何事も下準備は素早く無理せず要点を押さえて、が鉄則です。
最初から満点を目指さないこと。
あとは現場や会議でその都度微調整を加えながら満点に近付けていけばいいと思います。
そこでいい下準備ができていれば、新居選びも式準備も打合せはスムーズに進むし楽しいものになりますよ。
そしてその土台がしっかりできてこそ、結婚式も結婚後の生活もより楽しいものになるわけです。

今やるべきは目の前のあれこれに全力を尽くすことではなく、
もっと先のことを見据えてやり方や意識を変えることではないのかなと感じました。

私は友達と具体的な話をしながらの新居選びも、
自分の休日に一人で計測した詳細な間取り図を持って、
寸法に合う彼と家電や家具を探しに行くのも、
実家から持っていく調理器具を選ぶのもどれも楽しかったですよ。
ちなみに衣装も3時間で決め、細かいものは後日選びに行きました。

多忙でしたがすごく充実していたし、お互いのチームワークがとてもうまくいくのを実感しながらどんどん先に進めて楽しかったです。

彼の態度は本当にあなたで良いのか?という疑問を浮き彫りにします。
わがままな女と思われたままで良いのですか?
選んだ彼の態度に不満を持っても、別れない限りはそれを変えることはできません。
だったらどうすればお互いが仲良くいられるか、そこを突き詰めて実践してみた方がいいのではないでしょうか。

あなたの気持ちを汲み取らない彼が酷い奴だというだけの話ではないと思います。
結婚は二人でするものですが、舟のこぎ方を間違えると、同じ場所をぐるぐる回るだけ、ちっとも進まず喧嘩になるだけになってしまいますよ。
ただ一生懸命漕げばいいというものでもありません。
時には船頭に良い方向を聞き、うまい漕ぎ手に漕ぐ方法を聞いて、二人がそれぞれ声を掛け合い相手の気持ちや動き、状況を読みながら一緒にうまくなっていけばいいのではないですかね。

長くなりましたが、今意識が変えられると結婚後もいいパートナーシップが築けるのではないかなと思います。
ぜひ頑張ってみて下さいね。

投稿日時 - 2017-12-16 11:00:57

ANo.3

私も来春に結婚するけど、クリスマスデートとか遠出のデートなんて結婚したらいくらでも出来ることやん。
結婚を決めたのであれば、婚約したも同然やから、遊ぶことよりも先に決めてしまうことが沢山有るでしょう。
いまだに恋愛モードの間までいるのは可笑しいと思うわ。
結婚は遊びじゃないんだから、何もかもを決めてから好きなだけデートすれば良い。
特に記念日を押し付けるのは止めた方がいいよ。
男はそこまで考えてないからね

投稿日時 - 2017-12-16 09:49:22

57歳 男性
私も結婚する意思を見せる為、半年同棲後に結婚しました
楽しいのは付き合っている時までです
さて結婚を見据えた準備が始まると住まい探しから始まります
同棲するので、職場までの通勤時間、アパートなら2階以上
日当たり、環境、広さ、使い勝手等々
育った環境が違う男女が一緒に住むので、考え方も違います
当然、意見も違って喧嘩にもなります
一番目の方が書込していますが、落ち着くのは結婚後です
ただ、物件も色々あるのでキョロキョロしたら決まりません
自分たちで条件を決めて見つかったら決めましょ
それ以上探しても他の事が決まりません
少しでも良い条件を言う気持ちは分かります
同じお金を払うなら少しでも良い物件と思いますよね
予定が決まっている様ですから、逆算して
スケジュール決めましょ
いつまでに住まいを決めるとか項目と日にちを決めるのです
そうすれば一つ一つ決まってきますよ
喧嘩した事も後で思い出せば笑い話になります
その時が大変だったけど楽しかったねと言える時です
お幸せに

投稿日時 - 2017-12-16 09:19:27

ANo.1

結婚アルアルですね。
男性として彼の態度は理解できます。住む場所は生活の根幹である以上、最重要事項であり時間と手間をかける価値があると考えます。対してデートは刹那的な娯楽に過ぎません。
もちろん貴女の気持ちも理解できます。幸せな結婚生活を夢見ていらっしゃるでしょうから、彼の態度が許せないのでしょう。「こんなに理解のない彼と結婚していいのかしら?」これこそがウェディングブルーの原因なのです。
私たちも結婚前はケンカの連続でした。衣裳選びに演出など。でも結婚するとおちつきます。

投稿日時 - 2017-12-16 07:20:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-