こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

勝手に社員の給料を減らすオーナー代表取締役

ここ10年ほど年俸1200万だったのですが、一方的に年600万に減らされた平社員です。理由は「会社がこのままでは新規投資など攻めの経営ができなくなるので新規に投資をしたいから」だそうです。他の社員もずっと賞与全額カット中です。
で、我々社員の給与カットと同時にオーナーは新たに社長を採用しました。まるで社員の私たちがその社長の給料を払っているようなものです。で、1年たって新規事業の売り上げが立ってきて利益が上がってきています。新規事業のために人が足りないが、安い給料では来てくれないので年俸1000万円は出すと息巻いています。でも、100%株主の代表取締役が逆らったらクビだと一点張りで何ともしようがありません。

その前に既存の社員の給料をもとに戻すのが先じゃないか。
そもそも平社員が雇われ社長の給料肩代わりってありえない。
そもそも新しい社員を採用する余裕があるのに社員の給料カットって違法でしょう。
そもそも法的に当然な権利の要求に対してクビだと脅すのは刑法犯罪でしょう。

普通ならそんな会社辞めてしまえで終了ですが、珍しい仕事で10数年務めてきて個人的にはそこでしか使えない人脈や技術の蓄積が相当あって楽にいい仕事ができるので転職も勿体ないし、今の仕事自体好きだし自分に合っているし、自宅では認知症で精神障害1級で要介護5の親を在宅でシングル介護していてそのためデイサービスや会社の徒歩圏内に住んでいて、あと何年かはわかりませんが親が生きている限り転職も引っ越しも無理です。

でも年収はずっと高かったのとそれに似合わない慎ましい生活をしてきたので貯金はしっかりあって自分の老後に困ることはありません。いつかは切り下げられた給料は取り返してやりたいし、オーナーがやっていることはカツアゲと変わらない犯罪であることを思い知らせてやりたいです。
一般的に労働債権の時効は2年で2年以上すると賃下げを受け入れたことになるそうですが、脅迫があった場合は別とも読んだことはあります。

もちろん労組などない零細企業です。どうしたらよいでしょうか。

投稿日時 - 2018-01-10 00:19:36

QNo.9416793

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

#3です。

つまり、質問者さんがその会社の利益の70%くらいを出しているということですよね。それなら、オーナーの冷遇も納得しました。経営者目線でいうなら、今後質問者さんへの厚遇が復活することはまずないといっていいと思います。

もし、質問者さんが自主的に辞めるのはもちろん、事故や病気で就労が不可能になったらどうなるでしょうか?自主的に辞めることや病気は防ぐことはできますが、事故は防げません。質問者さんを乗せたバスや電車や車がものすごい事故に遭う確率はゼロではないのです。
であるならば、オーナーがやるべきことは可及的速やかに質問者さん一人に頼らない事業を育てることです。そのためには、質問者さんへ投資することは愚の骨頂以外の何物でもありません。それは新しい事業に回せる資金が減るだけではなく、大きく稼いだ質問者さんがその資金を基に独立されてしまう可能性まで大きくしてしまいます。もしそうなったら、会社存続の危機です。

オーナーは、最初はガンガン稼ぐ質問者さんに非常に期待していたと思います。でも、途中からあまりに質問者さん一本鎗である会社の在り方に危機感を持ち始めたのだと思います。
質問文と私を含めて他の人たちへのお礼文から推測するに、質問者さんはその業務の技術者というか、当事者としては非常に優れた能力はあるものの、管理職としての才能はないように思います。つまり「君のような稼げる人材を3人育てて管理しろ」とか「その業務の稼げるマニュアルを作れ」ということはできない人なのではないかなと。
であるならば、その業務で将来的に会社を大きくすることは不可能です。質問者さん一人で稼げる分しか伸びないからです。

ですから、重ねて失礼なことを申し上げるのですが、オーナーは質問者さんに対してある意味見限っているのではないかなと思います。今の会社における質問者さんの役割は終わろうとしているのではないかなと思います。
「狡兎死して走狗烹らる」という状況ではないでしょうか。

ですので質問者さんがやるべき最も合理的な判断は、そのそれだけ高く稼ぐ能力を基に独立開業することではないかなと思います。もちろん、「家族の介護があるからそれは無理」とか「業界の構造的にそれは難しい」とかあると思います。
であるならば、余計に厚遇を用意してやる必要もなくなってしまいますね。給料が安くても辞める心配はないのですから、質問者さんへの人件費は抑えるだけ抑えて、その浮いたお金で他の事業に投資して他の事業を一日でも早く育てることだと思います。
オーナーの判断は、経営者という視点に立てば極めて合理的で正しい判断になるかと思います。質問者さんからすればたまったものではないですが。

投稿日時 - 2018-01-10 21:38:29

お礼

大変丁寧なご回答ありがとうございます。オーナーの頭の中も私の今後も長期的な視野で会社の今後取るべき道もご洞察のとおりと思います。優れた経営コンサルタントのコメントを頂いたように思います。

仰る通りオーナーの経営判断は合理的で経営判断が間違っていないと思います。

私も今後好待遇が復活することは無いと思っています。なので、今すぐ決着をつけなくともいずれは決着をつけ時が来ると思います。
(細かい事を言うと今期の決算は良さそうなので決算賞与を出したり、今後全体の業績次第である程度給与額を回復させるとは言っていますが、全額という事は期待していないし長期的に以前のように私の待遇が抜きんでたものになることもないというのも同意です)。

ただし自分の希望として、
(1)それは法律で許される範囲で行うべきものです。
(2)感情的にもこれまで支えてあげた恩に対して、そして新事業が成功するにしてもまだ何年かは私が大部分を支えていく事に対して、頭を下げて頼むならともかく首をちらつかせて強烈な違法行為で応えたことに対する落とし前はつけさせたいと思います。

そして社会的にも
(3)通常は労基法クソ食らえの経営者に逆らえない人が多い中で、だからクビだと言えば何とでもなると思っている経営者に対して思い知らせてやるべきだし、幸運にもそうできるだけの経済的自由はもっています。

何のことは無い、半分は自分のため、半分は世の中の秩序維持にわずかばかり貢献出来たらという自己満足です。今のところその程度しか思い浮かばないという事でもあります。そこで感情的になって思いを果たして去るなどという事をする前に、もっと長期的に先を見据えて良いプランがあればと思いお知恵をお借りしたいところです。

私自身の独立は一案です。仕事をせずとも金融資産の配当で生活資金を確保して趣味に生きたり再び夢を追うという手もあります。そもそもオーナー公認で私自身も法人格を持った事もあります(今は家庭の問題もあって手が回らないので辞めていますが)。でも、それはそれこそ労働問題でもありませんし、ここで相談すべきでもない事でしょう。

投稿日時 - 2018-01-10 23:41:17

ANo.3

>その前に既存の社員の給料をもとに戻すのが先じゃないか

どういう業界か分からないのですが、なんとなくの勘ですが、今までの給料がむしろバブルで、それがもうはじけてしまったということはないですか。
同業他社の待遇というのはいかがでしょうか。同業他社は今の会社ほどでないのなら、質問者さんがいた会社の待遇が良すぎたということなのだと思います。同じ程度かそれ以下なら、話の順番としては待遇が良い会社に転職しろということになっちゃうんじゃないかなあ。
ものすごい嫌なことを書いてしまえば、会社側の現在の質問者さんの能力に対する評価が今の収入ということなのだと思いますよ。そういうオーナーの心ひとつで年俸が決まってしまうような会社なら、オーナーをして質問者さんが「余人をもって代えがたい能力の持ち主」と評価しているなら高給を払っていると思うのですよ。
質問文を拝見すると、ひとつの組織にずっと所属するというより、その業務を通じてキャリアを積んだらどんどんと自分を評価してくれるところに転職するという業界のようにも感じますので、野球選手と同じで能力が評価されればいくらでも好待遇が用意されるけれど、活躍が期待できないと容赦なく戦力外とされてしまうのではないかなあと思います。つまり、今後も待遇が改善することは期待できないってことです。
経営者側からすると、親御さんの介護などもあって辞められないなら低賃金で押えておくのが「合理的判断」ですよね。だって、どこかに逃げていく心配がないんだもの。

>新しい社員を採用する余裕があるのに社員の給料カットって違法でしょう

そんな法律、どこにもないですよ。もちろん社員の給料を一方的にカットすることに関しては法律は制限はしています。しかし社員の給料がカットできなくて会社が倒産しては元も子もないですから、結局のところはやろうと思えば給与カットができるようには法律はできています。
質問者さんがやっている業務が非常に特殊なもので、その仕事の生産性から採算がすごく合わなくなっているけれど、会社としては経理や営業といった一般社員が必要だったということならば、質問者さんの業務の社員の給料をカットして、新規の社員を採用するということは極めて合理的な判断ですよね。

こんなことを申し上げては失礼なのですが、質問者さんはいわゆる「既得権益の抵抗勢力」になってしまているということはないでしょうか。
会社が新規事業を立ち上げているということは、質問者さんがやっている業務に対して将来性を感じていないからなのではないかなと思います。もし質問者さんの業務に伸びしろがあるなら、そこに資金と人材を投入したほうがいいからです。つまり会社は質問者さんの業務をある程度見限っている。
それならば、今後会社の業績がどんなに好調でも、待遇が良くなるのは新規事業に関わる人たちです。「昔こんだけ貰っていて、今は我慢したんだから元に戻してもらって当然だ」と一片の疑問もなく言い切っている辺りに危機意識がないというか、自分たちの存在が会社にとって以前ほど重要になっていないことに気がついていらっしゃらない気がしてならないです。

オーナーの本音は、もうその事業に関わる人たちは待遇を良くするつもりもないし、不満なら辞めてもらって結構。昔沢山お給料をあげたんだから良い思いもしただろう?ということなのではないかなあという気がしてならないです。
10年後くらいには、質問者さんの業務は子会社化されて、みんなそっちの社員ということになって採算が合わなきゃ会社は倒産、それが嫌なら採算が合う給料で我慢しろっていうことになるかもしれません。この悪い予言が当たらないことを祈っています。

投稿日時 - 2018-01-10 16:53:30

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。私自身の能力など説明しようもありませんが、私の部門については以下の事は明確です。
・会社の利益の8割を稼いでいる。
・近年その収益力及び収益構造に変化はない。
・その事業のメインプレイヤーは私である。

上記に変化があって落ちてくればじり貧になるという事で新しい事業を始めたい、というのがオーナーの言い分です。ちなみに前年の業績はその前の年よりプラスでした。

うちの会社は退職金もありませんし、3年前まで社会保険も入っていませんでしたし、それらを差し引けば1200万円と言っても会社負担は実質800万円くらいの人と変わりません。そしてオーナーの報酬は年にもよりますが月に240万円だったり。

投稿日時 - 2018-01-10 20:20:21

ANo.2

投稿者事実認定と証拠書類等含めて、労働三法:労働基準法に違反しているとの
所轄裁判所に提訴事実含めて、労働争議・告発をしたら良い事でしょう。
今時”過去に年収1,200万円あったら”十分に弁護士費用他賄えるでしょうに。
何も、こういった外部サイトへボヤキ・泣き言を投稿されるヒマがあれば、”提訴事実:告発文章を論理立てて作文書きに、精力をそそいだらどうだろうか。!

投稿日時 - 2018-01-10 04:52:40

お礼

ご回答ありがとうございます。この告発だけなら勝てることはわかっています。

基本的には今まで積み上げてきた業界内での立場やスキルを活かせる現在の仕事を続けるのがお金の面以外でも理想だし、要介護の親を背負ったまま通勤時間のかかる会社へ変わるのはしんどいですが、それを超えるものがあるのなら戦いを挑むのもいいでしょう。
世の中にあふれる労働基準法クソ食らえの社長たちと生活が懸かっていて泣き寝入りするしかない大多数の労働者がいて、そういう人たちがもし自由に行動出来たらやってみたいような意義深い事というのがあれば、告発文書いてさっさと叩きのめして次へ行くというのもありでしょう。

もちろん私ごときに一人で世の中を変えるほどの力があるわけ無いし、世の中の犠牲になってまで何かを成し遂げられるような素晴らしい人間でもないしできることは限られているし、そもそもアイデアさえ浮かばない凡庸な小市民ですが、散々貯金をしてきたしアベノミクスで株が上がって儲かったし、でも贅沢しないからそのお金はそのまま残っているしで経済的な自由だけはあります。そこで何かここで出来ることは無いのかとアイデアを求めているという事です。

投稿日時 - 2018-01-10 10:09:13

ANo.1

年俸制なのでしょうか?

それにしても、会社側の一方的都合で給与が半減というのは、そもそも、労働基準法に大きく違反しているのでは?

減額された社員全員が結託して法的手段に訴えてもいいレベルに思いますが、ダメなんでしょうか?

泣き寝入りできる範囲を遥かに超えていますからね。

ただ、法律を盾にするとなると、必ず、会社との軋轢が生じ、進退問題にも発展しかねませんから、穏やかな解決を図る為にも、一度、専門家に聞いてみる必要があると思いますよ。

投稿日時 - 2018-01-10 04:35:32

お礼

ご回答ありがとうございます。気づきませんでしたが60歳過ぎたら雇用契約終了なのでそういう事もありますね。私は現在40代ですし、そもそも就業規定が周知されていませんのでそういった給与規定もありません。

これが50台半ばならケンカして取るものとって悠々自適でもいいかもしれませんが、まだ40台だし仕事でもしていないと健康を損ないそうです。

仕事自体は充実していてなるべく続けたいし、ずっと自分が会社の利益を引っ張ってきたので愛憎半ばとでも言いますか、お金が欲しいというよりもそういうものを踏みにじられるのも腹が立つのでお金で仕返ししてやりたいといったところです。

おっしゃる通り証拠をそろえて法的手段に出れば緒戦は勝てるのはわかっていますが、行動に出るかどうかはその後も含めて決めなければいけません。10年後くらいに仕返しできれば最高ですが。

投稿日時 - 2018-01-10 09:25:51

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-