こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

週末婚での妊娠について

見て頂きありがとうございます。
まとまりきらない文章で申し訳ありませんが、ぜひアドバイスいただけると幸いです。

私は28歳の女性です。1つ年上の彼と長年交際し、昨年10月に結婚しました。
彼とは現在、隣県同士の遠距離です。
彼は全国転勤がある営業マンです。
私は地方公務員(教員)をしています。
今現在は、週末のみ行き来しているような状態です。
本当であれば今年度末に私が退職し、彼のところへ行きたいと考えていましたが
彼が「辞めるのはもったいないから、1年間は子どもが授かる可能性を考えて週末婚を続けてみよう」という意向だったため、次年度も同じように週末婚を続けることになりそうです。
(隣県同士なので、高速道路で2時間半ほどで通える距離です)
彼としては急に収入が1人分なくなるのも大きな心配のようで、私は辞めて彼のもとへ行ってもパートか何かで働くとは言ってあるのですが、もらえるのなら産休はもらった方が良い(数ヶ月は給与が出るので)、という気持ちのようです。
難しい問題なので私も彼もお互いの意向は理解しているものの即決はできず、あと1年という期限付きで週末婚を続けることになりました。
もし授からなかったとしても、あと1年ですっぱり辞めるつもりです。

ただ、私としてはやっぱり色々と不安で、一番の不安は
・週末婚で子どもが授かれるだろうか
・授かっても産休まで一人でやっていけるだろうか(お互いの実家も遠方)
ということです。
週末婚のこの状態で授かった方や、そのような方を知っている方がおりましたら、ぜひ体験談を教えて下さい。
その他客観的なアドバイスでも良いので、ぜひお願いします。

投稿日時 - 2018-01-10 11:08:13

QNo.9416896

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

huuru123 様

★回答者(婚活、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。私は東京で長年、結婚相談所をやって来た経験を活かし専門家としての立場で客観的に回答させて頂きます。

❶貴女の御質問は、当然の悩みで結婚相談所内でも良くある事ですので専門家として回答させて頂きます。

先ず、貴女の究極の問題点は・・・書かれた通り・・

(1)一番の不安は週末婚で子どもが授かれるだろうか?

(2)授かっても産休まで一人でやっていけるだろうか(お互いの実家も遠方)

・・・ということですが。その他客観的なアドバイスでも良いので、ぜひお願いします。‥との事なので、主に(1)とその他、客観的なアドバイスを書かせて頂きます。


❶先ず、上記(1)に関しては個人差や肉体的、医学的問題の為、確実性や確率論を問う事になりますので、色々素人で考えるより、とにかく婦人科の専門的な意見を聞いて、診察を受ける事が最短距離です。

*全く問題ない事にも関わらず、医学的、合理的な知識が無いと無駄な心配をするだけです。具体的な日程や間隔等を詳細に医師に伝え指導してもらって下さい。 理論的にはいくらでも可能ですから。臨床的にどうか?という個人差のある事について、当相談を当てにする事は危険です。

❷次に上記(2)については家族や環境の問題もあり、まして、ちょっと拝見したら北海道との事、尚更、物理的諸事情が有りますので、男性側も含めて、完全に協力体制を取って貰う前提を作るしか有りません。

*結婚相談所内で、幸い結婚した人で、近距離であっても、距離だけの問題ではなく、お互いの家族の協力抜きでは距離以前に問題ですから・・

*それでも、皆さん、出来たら出来たで、何とか方法を考える物で、何も実態や事実が無い所で悩んでいても、「不安」や「否定論」ばかり考えがちな物です。

*実際に授かって、夢が出来たら、実は「現実」として「策」は生まれる物です・・が、それにしても周囲の何らかの協力を得ないとダメですから、「根回し」の問題と言えましょう。

❸<盲点になりがちの男性の不妊症>

★その他客観的なアドバイスでも良いので・・・と有りましたのであえて、最近多くなってきている問題・・つまり「男性の不妊症」の傾向について、アドバイスさせて頂きます。

*貴女が御心配の(1)については、専門家医師とのキチンとしたカウンセリングを受ける事を先ず以ってお勧めします事、絶対に忘れないで下さい。

*その大前提で言えば、昨今、結婚相談所内で増えて来た傾向は「想像すらしていなかった男性の不妊症」です。同様な事例が、つい最近起きたばかりなので、せめて事実として真剣に頭に入れておいて欲しい事は・・

・・・全体の不妊症の中で、なんと30%以上は男性側の問題である事が医学的に証明されています。しかも、男性本人も知らない話が多く、「無精子症」に代表される病気は決して他人事ではありません。30%以上‥と言う数字は極めて高い事です。。しかも、初めての結婚だとしたら、知るすべも有りません。

*本当に本気で週末婚に徹して、子供を授かりたいというのであれば、基本的な大前提である、男性側の健康診断もしてもらうべきです。男の不妊症は子供の頃一定の病気や伝染病に罹患した経験が有る方に多く、長い期間に渡っての深い「後遺症」になるのです。

*勿論、男性が普段元気でいても、見ただけでは分からない原因ですから、結果を知らないで不安がっている事は全くの無駄です。

*一緒に病院に行って先ずは、検査してもらいましょう。何も問題無ければ、それで幸いですから、決して面倒くさがらずに受診してもらいましょう。


(PS)
★たまたま、今の瞬間に於いては、私は専門家回答者ランキング上位(下記URL参照)におりますがゆえ責任持った厳しい回答もさせて頂きました事、御理解下さい。少しでも参考になれば、「ありがとう」をクリック頂ければ励みになり幸いの上、追加質問等があれば、ご遠慮なくお願いします。

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/

投稿日時 - 2018-01-17 15:03:38

ANo.2

排卵日ときっちり会えば週末婚でも妊娠できますよ。

ただ、旦那さんは経済的になんとかとか言いますが、
ではこの一年節約して貯金をするのでしょうか?

ただ単に一年という時間が過ぎ去るだけならまったく意味もなくて
ただそれは覚悟の問題です。

それに産休は、復職することが前提の制度です。
産休の期間がおわったらじゃぁ退職しますなんて、
不義理すぎますよ。

その間採用もできずに人手不足の状態でまわしていく職場の気持ちを考えないと。
旦那さんは自分さえよければ言いという考えかたもってませんか?

産休の前までも悪阻などあればご飯も食べられないし
仕事だって途中で早退しなければいけないときもあると思いますよ。

貴方が妊娠したならば旦那さんは、毎日貴方の家から通勤するべきです。

高速で二時間半。
一年という期間ならできる範囲です。

二時間半掛けて何年も通勤している人もいますし。

お金が減るのも嫌だし、職場の近くからも通いたいって
考えとして、都合よすぎると思います。

あなたは1人で悪阻に負けず仕事を産休まで働いて、
「じゃぁお前は何してくれるの?」って思いませんか?

じゃぁ毎日手弁当もって節約して300万程度金ためろよって思いますが、
きっと旦那さんは今の生活と同じことをすると思いますよ。

週末こんって結局本当の意味で婚姻状態ではないんですよ。

恋人同士の延長上の付き合いに過ぎない。

根本的に結婚の意味を考えたほうがいいと思いますよ。

投稿日時 - 2018-01-10 16:24:24

ANo.1

まず、週末婚だから授かれないということはないと思います。
妊活中のひとだって毎日チャレンジしているわけじゃないのですから。
ご自身でしっかりと排卵チェックしていればその時だけ会えるようにしても可能性は同じくらいになります。

妊娠したら、産休に入るまでは仕事をし生まれたら産休をもらうが復帰することはなく退職と言う事ですよね。確かにもらえるうちはもらえた方が子育てにも生活にもいいと思います。
でも戻る気もないのに産休は周りに良い印象は与えないかと。
妊娠が分かったらある程度の引継ぎ期間をもってやめたほうが良いと思います。
3月で仕切のある職場なら産休を逆算して9月から2月までは妊活
それ以外は避妊。そういう調整をすることで周りへの配慮は減らせるはず。
1年でやめると決めているならむしろ来年度は避妊して辞めてからチャレンジするというのも考えたほうがいいでしょうけど。

あなた自身が続けたいと思うならいいんですけどやめたいと思いながら仕事するのはストレスがかかりますよ。妊娠中のストレスは出来る限り減らすべき。

何らかの不調があったときに一番頼りにしたいのが夫でしょう?
妊娠中を一人にしてもかまわないと思っている男の子供を産みたいですかね?
家に帰れば会える、何かあればすぐに飛んできてくれる人が支えてくれるのと、少々の不調くらい自分で何とかしてよと言う環境では不安が違うと思います。

先輩の方も多分いると思いますので同業の方に聞いてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2018-01-10 15:29:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-