こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

さくらサーバーで/wpを消す方法

さくらサーバーでデータベースを作成した後
クイックインストールでWordPress選択後
インストール先で
http://○○○.○○/wp←文字を入れて作成(例えばwp)する形になると思いますが
このwpの部分を消しhttp://○○○.○○とスマートに
表示させたいのですがどうすれば出来ますでしょうか?

投稿日時 - 2018-01-12 13:06:26

QNo.9417599

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

クイックインストールはたしかに便利かもしれませんが、インストール先のディレクトリ(/wp)を変更できないなどといった欠点もあります。もし、《WordPress本体のダウンロード》《WordPressをレンタルサーバーへFTPアップロード》《WordPressのインストール》ができるのであれば、クイックインストールではなく、手作業でインストールしたほうがうまくいきます。

つまり、ドキュメントルート直下(/home/ユーザー名/www)にWordPress本体を直接アップロードし、そこでインストールをおこなうわけです。こうすれば余計な/wpは一切つかず、《http://○○○.○○/》で表示できます。

クイックインストールにくらべて全体的に自由度が高くなるため、あるていど上級者向けの解説書では手動インストールを勧めていることも多いですし、ネット上にもくわしい手順が載っています。ためしに、「WordPress 手動 インストール」などといったキーワードで検索してみてください。

手動インストールの場合、どこのレンタルサーバーでも基本的な方法はおなじです。《データベースの作成⇒WordPressのダウンロード⇒サーバーのルート直下にWordPressの中身だけをアップロード⇒http://○○○.○○/にアクセスしてインストール開始》と、こういった手順を踏んでいけば無事にWordPressをインストールできます。

大きく手間がかかるという点ではデメリットしかない手動インストールかもしれませんが、その過程でいろいろな知識や技術を総動員することになるため、結果としてWordPressにくわしくなれるというメリットもあります。データベースの役割やFTPソフトの使い方などは、覚えておいて損はありません。

これでうまくいかない、もしくは難しすぎると感じた場合は、いったんWordPressをクイックインストールしたうえで、1番さんの方法をお試しください。やや変則的な方法になりますが、《.htaccessファイル》を編集することで、擬似的に《http://○○○.○○/wp/》から《http://○○○.○○/》へと転送してくれるようになります。

手動インストールにくらべると簡単なので、この方法を採用しているサイトも多いようです。

参考URL:https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=22613

投稿日時 - 2018-01-13 23:38:55

ANo.1

http://seo.siyo.org/wordpress/seo8019/

実際にテストはしてませんが、上記ページに書かれているやり方で正しいと思います。

投稿日時 - 2018-01-13 10:18:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-