こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

日本史を小中高校で昭和時代以降も習いましたか?

日本史を私は小中高校で習いましたが、その3校共授業は大正時代で止まってしまい、昭和時代以降は「時間がなくなってしまいました。後は自分で教科書を読んでおいて下さい。」の一言で、授業で先生から教えてもらうことは皆無でした。
私と同じ体験を小学校・中学校・高校をされた方はおられましでしょうか?
又、きっちりと昭和以降も学校で習ったという方はおられますでしょうか?
すごく気になります。

投稿日時 - 2018-01-12 13:49:15

QNo.9417607

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

だいぶ前なので記憶が曖昧ですが、日露戦争以降は教わったとしてもかなり断片的で特に昭和は駆け足か自習レベル。
前にWebで調べたのですが、習慣的に教えないようになっているらしいですよ。満州事変、支那事変から太平洋戦争、その後の戦後の話になると未だに深く関係している人、家族がいて対立する議論も多く、どう教えても学校・教師にクレームがくることになり教えたくない。それもあって大学入試でも出ないのが慣習になっているので教えなくても大丈夫、と言う様な説明が多かったです。
ただ、教えないだけでなく教科書にもちゃんとした解説が書いてないです。
日中韓で良く歴史問題が表沙汰になって、日本人は歴史を知らないとか勉強しないとか批判されることがあるので、割と最近高校の日本史の教科書を買って読んでみました。ところが、現代史に限らず全体を通じて史実と人名、用語が詰め込まれていて、面白くないし、試験対策は用語と年代を英単語の様に記憶する他無い。高校の時日本史が嫌いだった理由が改めてわかりました。それで肝心の戦争の前・中・後なのですが史実が並べてあるだけに近い。ちなみに選んだ教科書は索引に「慰安婦」が載っていた数少ない中のひとつ。これだけ大きな問題になっているのにほとんどの教科書に載っていない。買った教科書もそう言うことがあったと一行くらいで書いてある程度。
これじゃあ、中韓が勉強した歴史が客観的かどうかは別としても日本人が勉強していないと言われても反論できないと思いました。
しかしもう平成も終わるので昭和は歴史の中の時代でいつまでも教えないわけにはいかないと思います。

投稿日時 - 2018-01-13 17:34:16

お礼

>前にWebで調べたのですが、習慣的に教えないようになっているらしいですよ。
やっぱりそうですよね。
ご回答ありがとうございました。
感謝申し上げます。

投稿日時 - 2018-01-27 13:37:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

戦後の昭和23年生まれとしては 昭和は 過去の出来事という歴史ではなく
現在のことでした。
日常で進駐軍という単語が使われ 父の店頭で正月に撮った 晴れ着を着せられて米軍将校と並んだ写真 というものもありました。
進駐軍が在日米軍という名前に変わったのが1952年。昭和27年

小学校の社会では昭和の歴史は教科書にはなかったかなあ。
中学で社会から地理 歴史 などと分かれて
歴史の教科書には リットン調査団(昭和6年)の画像つきの記述もありました。
(第二次世界大戦の前兆)
中学から高校がエスカレーターだったということもあり 
質問にある「後は自習で」ということはありませんでした。

投稿日時 - 2018-01-14 17:26:47

ANo.11

こんにちは。 日本史はとても意味のある領域ですが、中途半端な学びで終わっています。

私が学んだ日本史は昭和10年前後で終わっています。 受験勉強での問題も第二次大戦、戦後のGHQによる諸改革など学びませんでした。

今、考えて見ると受験でもっとも良く出たのは武家による統治の時代だったと思います。 NHKの大河ドラマでも源平盛衰記、戦国時代、幕末と明治維新の三つに集中しています。 これ以外に歴史はなかったのかと言うと決してそうではありません。

● 大量に明の銅貨『永楽通宝』を輸入し、貨幣経済を日本に定着させた足利義満
● 八代将軍として享保の改革をし、鎖国を少しだけ緩め、キリスト教関係以外の洋書を輸入出来るようにした徳川吉宗

と言った優れた為政者は現れていますが、なかなか国民に知られる機会がありません。 また幕末にしても日本人の眼で見た歴史観に過ぎず、短絡的に過ぎます。 裏で糸を引いていた長崎にいた政商グラバーの働きなど全く出て来ません。  

日本の歴史を東洋史との関連で学んでみるともっと複眼的な見方が出来て面白いものになるのですが、『皇国史観』と言う邪魔ものがのさばっていて難しい。 また江戸時代の浮世絵の勃興と欧米の市民革命、産業革命を絡んでみると見えないものも見えて来る。 

歴史とは一国の歴史を顕微鏡で見るように詳細に観察するだけでは正鵠を射ることは出来ません。 もっと人間として共通の視点から観察した歴史観が出来ると面白いと思うのです。 

投稿日時 - 2018-01-14 16:26:57

お礼

>私が学んだ日本史は昭和10年前後で終わっています。 受験勉強での問題も第二次大戦、戦後のGHQによる諸改革など学びませんでした。
ご回答ありがとうございました。
私も同じでした。
家永教科書裁判(1965~1997年)に私の小中高校時代はぴったり当て嵌まり、南京大虐殺の記述に触れたくないから、わざと、
「時間がなくなった。」とウソをついたのだなと感じています。
(まだ裁判中だったし、父兄や教育委員会からのクレームを恐れて)
生徒は教師の言葉を信じるしかないですからね。
先生ってそんなもんですか。。。。。。。。

投稿日時 - 2018-01-14 17:11:57

昭和以降は3学期の最後のほうで、広島の話が終わったとき授業も
終わったように記憶しております。
昭和以降についてはN○○さんの「映像に残るxx」を見たり、
会社の上司(戦後育ち)の方に話を聞きました。

投稿日時 - 2018-01-12 22:15:46

お礼

詳しく教えて戴きましてありがとうございました。
昭和以降を学校で学んだ方がいらっしゃることに安堵しました。

投稿日時 - 2018-01-13 11:21:05

ANo.8

>日本史だけ時間の都合で教えないとは変。これはナシ。

中学の時、理科で「電気」と「天気」が残っているが
片方しかやる時間がない。どっちか選べ。って生徒に選ばせてたよ。
あと、試験に出る大正までを詳しくやった結果昭和が時間がなくなったという
こともありますね。

投稿日時 - 2018-01-12 17:57:09

お礼

家永教科書裁判(1965~1997年)に私の小中高校時代はぴったり当て嵌まり、南京大虐殺の記述に触れたくないから、わざと、
「時間がなくなった。」とウソをついたのだなと感じています。
(まだ裁判中だったし、父兄や教育委員会からのクレームを恐れて)
生徒は教師の言葉を信じるしかないですからね。

投稿日時 - 2018-01-12 20:53:49

ANo.7

1.時間の都合上。
2.最近のことであるため、事実関係が異なることがある。
3.高校や大学の入試に出ない。

最近では鎌倉幕府の成立年が変わっているようですね。
そのくらいですからここ4,50年のことはよくわからないのですよ。

投稿日時 - 2018-01-12 17:16:08

お礼

>時間の都合上。
他の全ての科目はちゃんと全部先生は生徒に教えていました。
日本史だけ時間の都合で教えないとは変。これはナシ。

投稿日時 - 2018-01-12 17:37:55

ANo.6

近現代史は殆ど習っていませんね。時間の都合上でしょうが。

本来なら歴史は近現代史から遡って教えるべきだと思いますが。

投稿日時 - 2018-01-12 17:08:31

お礼

本当ですね。

投稿日時 - 2018-01-12 17:14:40

ANo.5

受験戦争全盛期世代ですが、近現代ってほとんど記憶に残っていません。覚えているのは塾でも予備校でも「世界史でも日本史でも近現代がテストに出ることはまずないから覚えなくていい」っていわれたことです。それで実際にもその時代が試験に出てきた記憶もないんですよね。
私の時代は勉強というのは「テストでいい点をとるためにするもの」だったんですよね。だから「学校の授業の何が役に立たないって、受験テクニックを教えないのがクソだ」って誰もが思っていたのです。特に私が住んでいた地域は教育熱心な地域でした。あの頃の教育熱心というのは、つまり偏差値が全てです。偏差値が高い学校に合格者を出す塾(予備校)が絶対正義で、それができないところはクソでした。

今でも覚えているのですが、特にやる気もないまま予備校の無試験(選抜試験に合格しなくても受けられる)クラスに行って英語の授業を受けたときに、講師から「君たちは見捨てられているから可哀想だ。みんな早慶(選抜)クラスの子は引っ張り上げるのに一生懸命になるけれど、君たちのことはあまり本気にならない」といわれたんですね。その講師は「君たちのレベルは高校英語が分からないんじゃない。中学英語で分からなくなっているから基礎の基礎、ドド基礎からやり直せ」といってたんですよね。その頃は「今さら中学英語なんかできるかよ。恥ずかしい」とか思ってたのに、数年後にはその教えの正しさを知って中2の問題集を買ってきて必死に英語を勉強したんだから、あのときにああしていればな、という後悔を未だにします・笑。

その刷り込みのせいで、今でも「四大文明は絶対覚えていないといけないけど、明治維新以降はどうでもいい」という呪縛にとらわれています。

投稿日時 - 2018-01-12 16:11:51

お礼

なるほど。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-12 17:01:24

ANo.4

満州事変を始めたとした太平洋戦争まで、みんな昭和ですよ。習わなかった、教えてもらわなかったということはありえませんけどね。ただゆとり世代の場合、先生が時間の都合で、社会は一部読むだけで終わりのケースはあったような話はきいたことはありましたけどね。

高校は学校やコースによっては歴史は選択授業になるので、日本史を選択しないと習う機会がないケースはありますが、小学校は概ね社会として、中学校は公民や地理や歴史と別れたりすることはありましたが、太平洋戦争のあとは近代史として、日本と世界一緒の歴史などを学ぶケースは多かったと思います。要は純日本史として習うのでなく、社会全般、歴史全般で習うので、そのあたり混同されてませんか?社会として普通は習ってるはずですよ、あとは前述とおりホントに先生の都合なのか。私は社会の授業の中で、同じ教科書で最後の方に近代史として教科書読んで先生が少しフォローする程度で終わった印象はありますけどね。高校は地理や世界史を選考したので、日本史は習っていません。

投稿日時 - 2018-01-12 14:34:08

ANo.3

昭和でもせいぜい戦後あたりまでです。
日本史も世界史もそうですが、授業は紀元前から始まって年号とともに進めていきますが、1月2月に入ると受験などで慌ただしいことに加えて、前半の進め方が丁寧あるいは遅かったために、最後まで行きつかないことが多いです。
“あとは重要ではないので、読んでおいて・・・”で終わることが多かったです。

投稿日時 - 2018-01-12 14:26:55

お礼

他の全ての教科では、時間がなくなったことは皆無で、
何故日本史だけがそうなるのかということを尋ねたかったのです。私は。

投稿日時 - 2018-01-12 14:38:30

ANo.2

うる覚えですが、日本史で言うとサンフランシスコ平和条約あたりで終わったかな。。。

そのあとの朝鮮戦争やベトナム戦争などの冷戦は、日本史というより世界史よりの話になりましたね。

その中で警察予備隊とか自衛隊創設の話が混ざった気がします。

小学校では、歴史はなく社会という授業だったかな。それにごちゃ混ぜで日本史、世界史、地理などを浅くやっていた気がします。
なんとか工場地帯とかなんとか式海岸、公害問題などなどが混じった感じだったかな。。。

中学校から、ちゃんと教科が分かれていた気がします。

投稿日時 - 2018-01-12 14:18:17

ANo.1

高校卒業した時、まだ昭和でしたが、
昭和も多少日本史でやりましたよ。
ほぼ「第二次世界大戦」に関係する事だったと思います。

投稿日時 - 2018-01-12 13:56:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですか、昭和時代を習った生徒もいたんですね。
少し安心しました。

投稿日時 - 2018-01-12 14:17:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-