こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

この「干」の意味は?

以下の文は、1960年に出版された小説「白昼の死角」(高木彬光 著)からの引用で、ある登場人物が思いついたお金儲けの方法を簡単に説明している部分です。

「その方法は、複利計算による金の蓄積だった。極端なことをいって、一つの勝負で投下資金を倍にできたら、勝負を十回くり返すことによって、資金は干二十四倍にふくれ上がる。十万の資本は一億二百四十万になって返ってくるのだ。」

この文章の中にある「干」の読みと意味を、お教えいただけませんでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-18 06:43:15

QNo.9499536

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「干」は「千」の誤植です。

倍々ゲームを10回繰り返すと、2×2×2×2×2×2×2×2×2×2=1024で、1024倍になる、と言っているのですが、1024が「千二十四」ではなく「干二十四」に誤植されているのです。

「本に書いてある事が完全に正しい」と思ってはいけません。本には「誤字」や「誤植」があるのが当たり前です。

投稿日時 - 2018-05-18 14:14:17

お礼

誤字・誤植のない本もあるので「当たり前」とまでは言えない気もしますが、この「干」は誤植と見て間違いなさそうですね。
計算部分も明確にご解説いただけて、もやもやがスッキリしました。
ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-05-18 23:21:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

単純に計算すれば千(セン)でしょうね。
当初資金を2倍にして10回繰り返せば10240、高木彬光氏の原稿は其れが1024倍と10万が10240万では元の原稿のその部分が著者の勘違いであったのか、原稿チェック過程でのチェックミスか、印刷時のミス(干と千の取り違え)かは判りません。

投稿日時 - 2018-05-18 07:35:18

お礼

なるほどです。
「干」に数の意味でもあるのかと、深読みで迷走してしまいました…。
おっしゃる通り、単純なミスの可能性が高そうですね。
ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-05-18 23:19:58

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

オススメのQ&Aはありません。
-広告-
-広告-