こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

井伊直虎、小便公方

女性説が有りますが実際はどうだったのでしょうか?
現在、解る範囲で教えて下さい。

投稿日時 - 2018-06-15 23:23:37

QNo.9508717

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

まぁ 天皇が女性であってもおかしくなかった時代ですから
当主が女でも何の不思議もありませんね

投稿日時 - 2018-06-19 13:45:46

ANo.2

>女性説が有りますが実際はどうだったのでしょうか?

誰にも、分かりませんね。
女性説として有名な武将ちしては、上杉謙信も有名ですよ。
今も昔も「オネエ」がいた事は、確かな様です。
ですから、男性でも「オネエ」だったのかも知れませんね。
当時としては、「オネエ」は世間一般に認められていません。
武家社会では、当然拒否反応を示します。
まぁ、「歴史は勝者が作る」のが古今東西同じです。
井伊直虎女性説も、何らかの意図で書かれた可能性がありますね。
敗戦の将の子供は「男だと処刑」するのが常識でした。
※平清盛が源頼朝を処刑しなかったので、平家一門が滅んだ歴史がある。
井伊家も戦いに敗れましたから、男児を女児と仮装させた可能性もあります。

投稿日時 - 2018-06-16 21:55:55

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-06-18 15:21:22

ANo.1

> 現在、解る範囲で教えて下さい。

 残念でしょうが、分かることはありません。

 徳川幕府公認の歴史書などに書かれていれば別ですが、仮に誰か古人が「女だ」と書いていたとしても、本当かどうかは分かりません。「慰安婦」のようなお金目的のデッチ上げも、十分すぎるほど可能ですから。

 ということで、論理的に考えます。

 戦国時代、当主が戦死することはよくあったと思われます。戦死したら、家や財産を家臣や親族、主人に乗っ取られ、妻子が路頭に迷うとしたら、オチオチ死んでいられません。

 当主が戦死したら、その子が幼君として立つ。その後見を当主の妻(幼君の母)がする、というのは、内輪もめなどを防げるので家臣たちにもメリットはあるはず。中国では「垂簾の政」と名前がある仕組みです。

 当時井伊家は倒産寸前から倒産した会社のようなもの。

 「生き残ることが最優先」の戦国時代にあって、才能があって一致団結できる人なら、べつに性別は問わなかった可能性は十分にあります。

 ゆえに、井伊直虎は女性かも。

 他方、小便公方(徳川家重ですよね?)の場合は、男系の長子相続がルールになっていた時代の将軍様。

 テレビ番組などで、さんざん時間がすぎてから、「なんと!オマエは女だったのか!!」などと驚くシーンがありますが、あんなのはウソです。見れば、見た瞬間、男か女か分かります。

 女性には毎月、生理もあります。毎月、この期間表に出て来ず奥で何かしているとか、袴が汚れるとか生理臭がする、とかでばれないはずはありません。

 ましてや、弟たちを筆頭に、将軍になりたくてしょうがない人、なれるはずの人がたくさんいた時代ですからね。

 異議申立をする事件が続出したでしょう。

 言語不明瞭な将軍様を頂点に頂き続けなければならなかったという事実が、家重が男であったという立派な証拠だと思っています。

投稿日時 - 2018-06-16 16:46:47

お礼

家重の骨格に女性的な特徴が有りますが。
絵師は将軍に言われた通りに書いてるようです。

投稿日時 - 2018-06-18 15:25:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-