こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

会社経営はピラミッド型かフラット型のどちらの方が良

会社経営はピラミッド型かフラット型のどちらの方が良い経営と言えるのですか?

投稿日時 - 2018-06-19 15:21:27

QNo.9509893

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>会社経営はピラミッド型かフラット型のどちらの方が良い経営と言えるのですか?

組織(企業・国・政治)の創業期は、ピラミッド型が有効です。
組織が固まっていない間は、社員は烏合の衆ですからね。
経営・運営は「トップダウン」の方が、良い様です。
例えば、パナソニックの松下幸之助。ホンダ技研の本田 宗一郎。
徹底したカリスマとして、経営に専念していました。
例えば、各国の専制君主。
周辺諸国との紛争で、母国を守りました。
組織が固まると、フラット型が優位に立ちます。
「君臨すれども、統治せず」です。
パナソニックもホンダ技研も、部下に大きな権限を与えていました。
オーナー社長のトヨタでも、部下に権限を与えています。
この事を知らなかったのが、旧穴吹工務店オーナー2代目社長。
※「サーパス」ブランドのマンションで有名な会社。
初代社長が部下(取締役)に大幅な権限を与えていたにに、2代目は社長になると「俺が経営者兼オーナーだ」と独断経営を開始。
初代と一緒に創業期を戦った取締役一同を、全て解任してしましました。
結局、旧穴吹工務店は倒産。2代目オーナー社長及び一族は、永久追放されました。^^;
永久追放されても、社長時代と同じ大豪邸に「僕ちゃん、何も悪くないモン」として住み続けています。(爆笑)
※今は、「オリックス」の子会社である「大京」に救済され「大京グループ・穴吹工務店」として経営を継続中。
政治の世界でも、議院内閣制とか大統領制で「君主は、政治に口を出さない」のです。
民間企業も、同様なんですね。
「口は出さないが、責任は負う」のが、トップの役割です。

投稿日時 - 2018-06-19 22:13:09

お礼

みなさんありがとうございます

投稿日時 - 2018-06-20 22:56:22

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

創業当初など、同じ目的で会社を立ち上げ全員が同じ方向に向いて仕事をする場合にはフラット型と呼ばれますが、一定の成功を収め会社が成長すれば、自ずとピラミッド型になっていきます。

本当に少人数であっても、組織としての体系があるので、経営者側と従業員と言う明確なピラミッドは存在するのです。

ピラミッド型の会社経営をするなかで、特殊なプロジェクトなどはフラット型にして上下無く自由闊達なアイデアややり方などが出せるようにすることはありますが、それでも最終的に責任を取る責任者は存在します。

投稿日時 - 2018-06-19 18:02:02

ANo.4

二択で会社経営が語れる筈がない。

投稿日時 - 2018-06-19 16:30:54

ANo.3

どちらにも良い点、悪い点がありますので、どちらが良いとは言い切れるものではありません。

投稿日時 - 2018-06-19 16:18:25

ANo.2

Q、会社経営はピラミッド型かフラット型か?
A、会社経営そのものはピラミッド型以外にはありえません。

雇用主がいて、その意向の実現のために動く役員層がいて、その下に管理者層と現場スタッフがいる。現状では、この構造がなくなるなんてことはありえません。もちろん、例外はあります。雇用主の下に、各チームマネージャーを配置して、それぞれの案件に取り組むというプロジェクト執行型。しかし、これは、永続的な会社機構ということではなくて、あくまでもプロジェクトを成功させるための戦闘態勢です。各政党が、選挙の時に選対本部を置くようなものです。ですから、こと会社経営ということであれば、必然的にピラミッド型以外にはありえません。なお、フラットなプロジェクト執行型では、より「下は上に従う」が求められるのは当然のこと。でなければ、チームは烏合の衆と化しますので・・・。

投稿日時 - 2018-06-19 15:50:17

ANo.1

事業規模にもよりますが、社長1人で1000人の従業員を管理したり、指示するのは現実的ではありませんので、必然的にピラミッド型になるのだと思います。

投稿日時 - 2018-06-19 15:33:12

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-