こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ドイツ語について。

ドイツ語について。
問題文の意味を確認したいです。
建物の床にEstrich(ここでは床仕上げ材z.bフローリングの下地のモルタル)に付いての問題です。

Wie heißt diese Ausführungsart für Estrich?
このestrichのための仕様の種類の名前はなんですか?
答えには
Estrich auf Trennschicht
という工法の名前がきます。

Wodurch ist diese gekennzeichnet?
これの特徴はなんですか?
としか訳せません。
答えは
Kein direkter Verband mit dem Untergrund.
となります。
土間に直接じゃなく、Verbandときます。verbandが包帯としか出てこなく分かりません。

分かりづらく申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
なんとなくわかるとこだけの予想でも構いません。

投稿日時 - 2018-06-19 22:46:24

QNo.9510010

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Wie heißt diese Ausführungsart für Estrich?
この床下地の施工法の名称は何ですか?

Estrich auf Trennschicht
分離層の上の床下地

Trennschicht とは、たとえばコンクリートとその上の床下地の間に張る、
ポリエチレン製の防湿シートとか、そういった類のものでしょう。

Wodurch ist diese gekennzeichnet?

wodurch は、「何を通して」、つまり、「どういった理由から」という意味で、
diese は Ausführungsart(施工法)のことです。
kennzeichnen は、「特徴づける」「標識を付ける」という意味ですが、
ここでは要するに、「施工法の特徴を表す名称をつける」ことです。
つまり、「Trennschicht(分離層)の上の」という呼び方は、
どういう理由からきているのか、と尋ねているわけです。
そして、その答えが、Kein direkter Verband mit dem Untergrund.
Verband は、「結びつける」を意味する動詞 verbinden の名詞形で、
私の使っている独和辞典には、建築用語として、

(石材、レンガなどの)組積
(木材の)継ぎ手、仕口

が出ていますが、文の意味は「下地と直接継がれていないこと」で、
それが「分離層の上の床下地」と名付けられている理由である、ということです。

投稿日時 - 2018-06-19 23:51:38

お礼

kennzeichnenをどういう理由からきているか、と考えると納得できました。ありがとうございます。
要するにこういう意味になるという考え方が自分にはまだまだ足りないなと実感します。

投稿日時 - 2018-06-20 00:13:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-