こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

店頭FX利益とマイナス所得の場合課税に就いて

例えば、夫婦共に後期高齢者と障害者
1)夫年金収入(250万-120万)=【所得金額】=130万
2)所得から差し引かれる金額】基礎控除/社会保険料/
            /夫婦普通障害/その他等=160万
  差し引きマイナス30万
3)上記内容場合 30万以内のFX利益は課税対象外と
  考えて良いでしょうか?
4)国税庁申告作成コーナー 第一表及び第三表先物取引で
  30万以内のFX利益は第一表に反映されません
  又30以上の入力では、オーバー分に15%の課税と成ります。
5)一般的に、自分で計算して課税所得が無い場合は、
  確定申告不要と考えて良いでしょうか?  
  ★上手く表現出来ませんが、宜しくお願い致します。
   

投稿日時 - 2018-07-01 13:15:16

QNo.9514043

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 1)夫年金収入(250万-120万)=【所得金額】=130万
> 2)所得から差し引かれる金額】基礎控除/社会保険料/
>             /夫婦普通障害/その他等=160万
>   差し引きマイナス30万

年金の種類が全額老齢年金であれば、それで合っています。
もし、障害年金であれば非課税ですから、所得には含めなくてよいです。

> 3)上記内容場合 30万以内のFX利益は課税対象外と
>   考えて良いでしょうか?

所得額と所得控除額とで差し引き0円以下ですから、納税額は0円で合っています。

> 4)国税庁申告作成コーナー 第一表及び第三表先物取引で
>   30万以内のFX利益は第一表に反映されません
>   又30以上の入力では、オーバー分に15%の課税と成ります。

総合課税分から引ききれない所得控除が、分離課税分(FXの所得)からも差し引かれますから、FXの所得が30万円以内であれば非課税です。
FXの所得が30万円を超えると、超えた分に分離課税の税率15.315%がかかります。税額の端数は切り捨てです。

> 5)一般的に、自分で計算して課税所得が無い場合は、
>   確定申告不要と考えて良いでしょうか? 

所得税が非課税であれば確定申告は不要ですが、住民税はかかる場合がありますから申告(確定申告または住民税のみの申告)すべきです。

投稿日時 - 2018-07-01 17:14:33

お礼

kitiroemon様

早速丁寧な、ご助言有難う御座いました
住民税課税を試算致しました処十数万の余裕が有りますので
少額で頑張って見ようと思います。
★【後期高齢者保健料】の計算は「老齢所得金額130万に+FX損益」
  を加算した金額に対して
 地域に応じた税率が掛かる事に成るでしょうね。

投稿日時 - 2018-07-02 09:09:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-