こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

夫について行くべきか、単身赴任してもらうべきか

拙い文章で失礼致します。また、ご覧いただきありがとうございます。

当方は30歳女性です。
大阪出身で、結婚により関東の夫のもとへきました。
以前は大阪に勤めておりましたが、結婚により関東の支店に異動させてもらいました。
結婚後すぐに妊娠出産し、今は育休中です。

この度、夫が転職をすることになりました。
勤務地が四国になります。
仕事を退職し夫について行くか、それとも仕事を続けるために夫に単身赴任してもらうかを迷っています。

子供が産まれると可愛くて可愛くて、職場復帰したくないという想いもありました。
転職によりお給料も上がるので、退職してついて行ったら夫の収入だけでも暮らしていけそうです。

しかし、キャリアを捨ててしまってもいいのか?とも思います。
夫に単身赴任してもらうのであれば、大阪にまた転勤させていただくことができそうです。
実家の力も借りて、何とか母子家庭状態でも暮らしていけそうです。
しかし、部屋を借りて、保育料を払うと、お給料はほぼなくなってしまうと思います。何のために子供を保育園に入れ、夫に単身赴任してもらっているのか分からなくなりそうです。(キャリアを継続させるためではありますが。。。)かといって、親とそこまで仲が良好なわけではないので実家に居候するのも気が引けます。

夫と一緒にもいたいし、お金も稼ぎたい。
子供のそばにいたいけど、キャリアも継続させたい。

ひとりで考えていても堂々巡りになってしまいます。

わがままな質問で申し訳ありません。

ご自身の経験や、このように考えれば良いのでは?などアドバイスをいただけると助かります。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2018-07-06 21:49:35

QNo.9515816

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

人は「迷っている」と言いながら、実は、無意識に「答え」を持っています。

>夫と一緒にもいたいし、お金も稼ぎたい。
>子供のそばにいたいけど、キャリアも継続させたい。

答えは、先の方^^

「夫と一緒にもいたい」
「子供のそばにいたい」

>仕事を退職し夫について行くか、それとも仕事を続けるために夫に単身赴任してもらうかを迷っています。

「仕事を退職し夫について行く」

>子供が産まれると可愛くて可愛くて、職場復帰したくないという想いもありました。転職によりお給料も上がるので、退職してついて行ったら夫の収入だけでも暮らしていけそうです。
しかし、キャリアを捨ててしまってもいいのか?

「子供が産まれると可愛くて可愛くて、職場復帰したくない」

なんとなく、そう決めていた。けど・・・が出てしまったんだ。
旦那様の「どちらでもいい」「自分で決めな」の曖昧な言葉に。
もちろん
アナタが「後悔ないように」との優しさだろうけど、意地悪な見方をすれば

「退職しなければ良かった」
「着いてこなければよかった」等、
疲れて帰ってきた時に、アナタにグチグチ文句を言われたくないからだよ。

さあ、まず「軸」は決まった!
後は、自分に「後悔しない?」と問う事。

どうぞ、今は「子育て」に一生懸命になってください。
わずか3年で良いの。
大変だけど、お子様にとっては、人生で一番大切な3年なの。

投稿日時 - 2018-07-06 23:26:08

お礼

ハッとしました!
今の私にとっては、仕事を辞めて夫について行く選択がより自然で現実的ですもの。
夫は優しいと思っていましたが、別の見方をすれば駆け引き上手でしたたかですね笑。私は完全に負けてます。
やはり、子供と一緒に居てやりたいです。
後悔しない!と腹をくくるしかないですね。
ありがとうございます!!!

投稿日時 - 2018-07-06 23:56:25

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(11)

ANo.11

関西で実家暮らしして家賃浮かせて、
子どもを実家に預けて月一回、四国に会いに行くというのはどうでえすか
四国は、遠いから、関西と四国のちょうど中間あたりで待ち合わせしてすれば、
新幹線であえます

投稿日時 - 2018-07-08 16:25:36

ANo.10

 サラリーマンは、厳しいですね。

 結論アドアイスです。
1)夫は、四国に単身赴任する。
2)そして、あなたは、大阪にまた転勤させて頂く。
この二つがセットになります。

(理由)
1)旦那さんの四国転勤は、彼のキャリアアップに利益があるので、この際、
 その利益を確保するために、夫婦が協力して、難事を乗り越える。

2)あなたのキャリアアップも大事です。
 継続して働く女性であるために、あなたも、大阪勤務をお願いしてそれを可能にする。

3)将来の老後の資金などの確保のために、二人で働いてどんどん稼ぐ。
  金は、いくらあっても、余るということは、ありません。
  できれば、四国勤務の期間に、5千万円貯金を殖やすなどの目標をもった方がいいですね。そうすると、あなたの大阪勤務にも、目標ができて張り合いがあります。

4)大阪のご両親とのこと
 ・折角の機会ですから、ご両親といい関係を構築してください。
 ・そして、両親の孫さんを可愛がってもらいましょう。
 ・子どもにとって、祖父母の存在は、人間形成において、おおきなメリット
  があります。
 ・お孫さんのことで、ご両親に、良い親孝行ができますよ。
 ・良い機会ですから、
  ご両親の老後のことについても、ご両親と相談してください。

5)ご夫婦にとって、絆をさらにしっかりする好機です。
  本件に関して、旦那さんと、真剣に協議してください。
  そして、
  ・お互いに離れて居るけど、お互いに相手を思いやり、尊敬し合う、
   この試練を乗り越えていきましょう、と信頼感をしっかりと共有する。
   お互いに苦労をするけど、夫婦の力で、乗り切ることを誓う。
   あなたは、育児が大変だけど頑張る。
   旦那さんは、食事など大変だけど、頑張る。
  ・時々は、彼に自筆の手紙を出す。電話もする。ちゃんとね。
  ・単身離婚なんか、しないように、いつも信頼感を維持するようにね。

6)定期的に、夫婦の時間を共有すること
  たとえば、奇数月には、あなたが四国に行く。偶数月には彼が大阪に帰る。
  あなたは、旦那さんを一人にしない。
  単身勤務生活でのいろいろな誘惑に負けないように、あなたは見守る。

7)ブログを書いたら?
 「わたしの、ひとり子育て」などの名前で

兎に角、ポジティブ思考で生きましょう。
わたしは、旦那さんとあなたの、5年後を想像しています。
「あの時、君には苦労かけたね」
「いいね、あなたこそ・・・」
「君が大阪転勤したのは、正解だったね」
「えぇ、両親とも仲良くなったしね・・・」
「それに、預金の残高、すごいね」
「君の両親と一緒に欧州旅行でも行くか」
「それ、ほんと? 両親、きっと喜ぶわ」

 頑張ってね。
5年は、直ぐ経つから・・・

投稿日時 - 2018-07-07 17:18:22

お礼

非常に分かりやすく整理していただき、ありがとうございます。夫についていく決心をしつつありましたが、ご意見を拝読すると気持ちが揺れてしまいます。
しかし、最終的には夫と一緒に四国へ行くと思います。
理由1~5は、実現させられたら、とても良い家庭にできると思います。
しかし単身赴任の選択をしないということは、別の方法で理由1~5に書いていただいていることを達成しないといけないなと思いました。
『別の方法』を考える機会をいただき、誠にありがとうございます。
とても勉強になりました。

投稿日時 - 2018-07-07 23:36:55

ANo.9

結婚する事の理由や意味によって答えが違う、かな。

何故、結婚したのか?
…と、そこから考えてみれば答えが出てくると思います。

“人生一度きり”だけは誰でも平等です。
どんなに考え答え(選択)を出しても悔いは必ず残るものです。
しかし自身で考え出した答え(選択)であれば例え後々『失敗だったかな』と感じても悔いは少ないと思います。

紙に書き出してみては?
頭の中が整理できますよ。

投稿日時 - 2018-07-07 12:36:47

お礼

整理して考え抜いて、自分なりに今のベストの選択をしたいと思います。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-07-07 22:57:20

ANo.8

できるだけ長く育休をとり、その間は旦那様と一緒に四国へ行く
現在の家は引き払う
育休が終わると同時に退職、そのまま四国で再就職を目指す

子育ての「作業」は母子家庭でもできるかもしれませんが、「父親の存在」は母子家庭では絶対に満たすことができません
あなたがお子様が大事なように、ご主人もお子様が大事です
私なら生まれたての子供と別居など考えられません
家族は一緒にいるほうが幸せです

今おっしゃっている「キャリア」がどの程度のものなのかわかりませんが、家族が一緒に暮らすよりも大事なものか?とお考えいただければいいです
なぜ結婚したのか?も合わせて考えてみてください

「キャリア」を守ると以下のものを失います
「家族の幸せ」「旦那様が一人で寂しい」「子供に父親の存在」「生活費二倍」

投稿日時 - 2018-07-07 09:53:36

お礼

おっしゃる通り、こどもが小さいのに離れて暮らすなんて夫も子供も自分も寂しい思いをしますね。
今は退職して夫についていくのが1番だという想いが固まってきました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-07 10:48:55

ANo.7

旦那と一緒に暮らさないで子供が小さい時に働くのは
無理があるのでは?

あなたが言うようにそれこそ実家の力を
借りないと難しいと思います。

ついて行くべきでは?
四国でお仕事探された方が良いと思います。

投稿日時 - 2018-07-07 06:09:52

お礼

おっしゃる通りで、実家の力を借りないと難しいです。
こどもが少し大きくなったら四国で探した方が良さそうですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-07 10:44:22

ANo.6

>夫はどちらでも良いと言ってくれています。
>こどものことを考えると一緒に暮らす方がいいに決まっています。
>夫にそう言ったら、こどものことより、まずは自分の人生をよく考えてと言ってくれました。

はい

ですから、お子さん目線の意見が書かれていません

>夫と一緒にもいたいし、お金も稼ぎたい。
>子供のそばにいたいけど、キャリアも継続させたい。

確かに端から、お子さんの気持ちなどは無視なのはわかります

確かにいちばん大切なのは、お子さんではないこともわかります

ですから・・・

>アドバイスをいただけると助かります。

はい

お子さんのことを一番に考えた選択もあるというアドバイスです

アドバイスですからね

冷静になられてください

投稿日時 - 2018-07-07 00:00:52

お礼

そうですね。こどもの事を1番に考えた選択をするのも有りですね。
家族一緒に過ごすのもこどもにとって幸せでしょうし、働く母の姿を見せるのも良い教育になるのかもしれません。
共働きでたくさんお金を稼いでこどもに好きな進路を選ばせてやれるのも幸せになるかもしれませんね。
どんな選択をしようとも、こどもが幸せで居続けられるように努力は惜しまないつもりです。
ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-07 00:20:28

58歳 男性
貴女が一番大切にしなければいけない事を優先すべきですよ
その部分は皆考え方が違います
理由はそれぞれ生活環境が違うからです
貴女が一番良いと思う行動しかありません

投稿日時 - 2018-07-06 23:34:01

お礼

私が1番大切にしたいのは家族です。
家族の幸せと、私自身の幸せの折衷案がどこにあるのか、探して行きたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-06 23:58:37

ANo.3

長い目で見れば、仕事をしたほうが良いと思います。
単身赴任でいいと思います、人生定年すぎてが、長すぎます。
女性も少しでも年金が多いほうが良いと思います。

子育て時期は頑張って、そのうちにゆっくりできるようになりますよ。

投稿日時 - 2018-07-06 22:48:38

ANo.2

あなた目線の意見ばかりです

(1) 旦那さんの意見が書かれていません

(2) お子さん目線の意見が書かれていません

冷静になって、整理されると良いかと思います

投稿日時 - 2018-07-06 22:08:00

補足

すみませんでした。

夫はどちらでも良いと言ってくれています。
こどものことを考えると一緒に暮らす方がいいに決まっています。
夫にそう言ったら、こどものことより、まずは自分の人生をよく考えてと言ってくれました。

投稿日時 - 2018-07-06 22:35:35

ANo.1

私なら仕事はいったんやめて、
夫についていって小学生とか中学生になってから
改めて仕事を見つけるかなぁ。

確かに続けた場合よりは給料は下がるかもしれません。
でも子育てで時短したり保育園との兼ね合いで十分な仕事ができるとも限らない期間はどうしてもあるし
親と同居なんてしたら夫が居づらい気がします。
仮に夫が親と同居で子供と一緒に暮らしていたらあなたは週一で行きたいと思います?男だから女だからはこの際無視してやっぱりどっちかの親と同居ってもう一方が気楽とは言い切れないと思うの。
必要があるならいいけど今のところ選ばなくて済むなら夫婦の時間を確保したほうがいいんじゃないかな?

もちろん先はどうなるか分からないけど幼少期くらいは家族一緒がいいと思うなぁ。15年もしたらもう子供なんて親を相手にしてくれないんですから。
何かあったときに夫が一緒ならやっぱり心強いと思いますよ。

投稿日時 - 2018-07-06 22:06:11

お礼

たしかにその通りですよね。
子供がまだ小さくて夫になついているのに離れて暮らすなんて・・・。
仕事を辞めて収入が無くなることが恐怖でした。
でもアドバイスいただけて勇気が出てきました。
仕事は後からでもできますし、今は夫と子供との時間を大切にしようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-06 22:31:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-