こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

3級簿記の勉強をしています。有価証券取引で!

3級簿記を勉強しば
3級簿記を勉強し始めたばかりの初心者です。

小島康秀のやさしい簿記ゼミナール
―これから簿記を学ぶ人が最初に読む本 単行本 – 2008/1
小島 康秀 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4778200594/

という簿記の概要が説明されている入門書を読み
家にあった古いテキストを読んで
いたのですが、
分岐法はあまり実務では使われないと本にかいてあったのですが、

テキストで分岐法で書かれていて。

現金 1、200,000 有価証券 1,050,000
             有価証券売却益 150,000

とかいてあったのですが、こういうときは
普通はどのように書くのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。

投稿日時 - 2018-07-13 22:16:57

QNo.9517975

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

通常、書かれた通りの仕訳をしますよ。
有価証券勘定と売却益/売却損勘定を使用します。

分記法の解釈が誤っているのだと思います。
分記法と三分法は商品の売買の仕訳の違いです。

分記法・・・商品勘定と売買益勘定を使用
三分法・・・仕入勘定・売上勘定・繰越商品勘定

有価証券には分記法/三分法の違いはありません。

投稿日時 - 2018-07-13 22:28:47

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

そのまま

投稿日時 - 2018-07-14 08:03:48

ANo.2

普通でも,そのように書きますよ。

投稿日時 - 2018-07-13 22:31:51

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-