こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

どうして今は、

独身の人が多いのでしょう。

投稿日時 - 2018-07-15 20:47:29

QNo.9518547

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

medamaclip4様

★回答者(婚活、人間関係、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。
★ご丁寧に「お礼のコメント」ありがとうございました。

少々、追伸します!

💛「女性の自立性高まっていますね。草食系男子増加中です。
婚活市場はアラフォー女性が多いのですね、何故なんでしょうね?」

A)既報の通り、男女雇用均等法等々の影響で、今更じゃありませんが、女性の経済力が男性と変わり無くなった結果、焦って結婚したい希望が減ったと同時に
経済依存の目的の結婚が減った(≒依存型女性の激減)が言えましょう。

*したがって、余程の男性でないと、一生を捧げる価値が有るとは思えなくなったというメンタリティーが強くなり、いつの間にか気が付いたら40代に至ったしまった・・という所じゃないでしょうか?


(注)ただし、ここで注釈しますので参考にして下さい・・何かと強気の女性も、最終的には40’Sとなると、独りで生きて行く事に対して、漠然とした「寂しさ」と「不安」は・・なんと、殆どの女性が感じています。(某アンケート調)

*社会的には進出したけど、男女という関係に於いてはあくまでも「女性」である側面を持っている事を客観的に知り、少々安心してはいます・

*ついで情報ですが、東日本の時も、今回の豪雨災害の時も、大きな災害の後は、必ず婚活市場は活発になる傾向に有ります。あまりにも大きな災害時は、流石に一人住まいは心配になる心理が働く様です。納得ですね!


💛晩婚化と少子化は益々広まって来てますね。

A)そうですね! 楽屋から見ていると一般男性は厳しい目で女性からチェックされてますよ!(笑)

*よっぽど、ちゃんとして無いと女性から笑われます・・恐ろしい時代ですね!

💛ありがとうございました!

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/month

投稿日時 - 2018-07-22 09:35:23

お礼

女性は収入が上がっても男性にそれ以上を求める存在なんですね。
女性はいつもジャッジする立場でいられるようですね。

投稿日時 - 2018-07-22 14:48:45

ANo.11

medamaclip4様


★回答者(婚活、人間関係、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。私は東京で長年、結婚相談所をやって来た経験を活かし専門家としての立場で客観的に回答させて頂きます。

❶<「どうして今は、独身の人が多いのでしょう?」>・・と言う質問ほど、

✚一見、単純そうで実は奥が深い問いは有りません・結婚を仕事としている立場として客観的に回答させて頂きます。


❷<一見、単純そうに聞こえる質問にも、色々な側面がある>

✚大雑把に区分して、分析しても、下記の様な理由が考えられます・

(1)女性の社会進出の顕著化・・

*今更の様に言われるこの言葉ですが、依然として拍車が掛かっている状態と言えましょう。つまり、簡単に言えば女性の自立性が益々高くなって来て、男性に(少なくとも)経済的に依存したいから結婚したい・・と言うNEEDSが減った事が言えましょう。


(2)同時に、女性とは裏腹に、相対的に男性の草食系化・・

*依然として、女性が(1)に対して男性は逆に草食系男子化は事実上、変わって無く、むしろ固定化してしまっている傾向を感じます。したがって、強いリードが出来る昔ながらのタイプの男性像は減り、なかなか女性からモテる関係になれない事も多く、「シッカリ自立女性」のイメージに比べて、男性の方がはるかに弱体化している傾向のままです。

(3)依然として、強い「アラフォー女性」の存在

*・・は、男性に対して「子供の期待度」を諦めさせる大問題があり、益々、アラフォーと結婚したがる初婚男性は減り、晩婚化に拍車をかける結果になります・・。

*特に初婚男性は、一人は子供が欲しい・・というNEEDSが圧倒的なため、アラフォー女性が多く占める婚活市場の中で、30代前半までを狙うとなるとかなりの競争率になり、想像以上に難しい物です。

(4)そもそも、消えた「適齢期」・・

*昔、一般的に言われていた「結婚適齢期」という言葉も概念も、ここ20年位の間にFADE-OUTし、概念自体が消滅したと同時に晩婚化と少子化は益々広まって行きました。

*社会全体の傾向なので、上記(1)(2)と複合的に因果応報していると言えましょう・・

❸<色々な理由がありますが>・・・

✚上記の様な社会的、風潮やトレンドを反映している事が多いと考えられます。

*ここ、20年位の間の大きなウネリの様な傾向です・・本当に、年齢に左右されて「適齢期」という言葉で、大きく影響されて来た時代は、もう来ないのかもしれません。

*その位、大きな社会の革新的変化です・・・


★ちなみに「ダリア」の花をテーマ写真にしている理由は、同じダリアでも、
これだけ種類がある様に人間も無限な「10人10色」を象徴してます。

(PS)
★たまたま、今の瞬間に於いては、私は専門家回答者ランキングTOP(下記URL参照)におります・・・少しでも参考になれば、「お礼コメント」と「ありがとう」をクリック頂ければ励みになりますので、追加質問等があれば、ご遠慮なくお願いします。

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/month

投稿日時 - 2018-07-21 15:07:49

お礼

女性の自立性高まっていますね。
草食系男子増加中です。
婚活市場はアラフォー女性が多いのですね、何故なんでしょうね

晩婚化と少子化は益々広まって来てますね。

投稿日時 - 2018-07-22 06:43:43

ANo.10

恋愛意外に楽しいことがいっぱいで、人と接することが面倒くさいって
思う人が増えて結婚にメリットとか考える人が増えて
自分から告白しないけど相手から告白されたら付き合ってもいいよって
お互い思ってるから結局、何も起きないし、子供を望む人も減ったから。

正規雇用の人も少ないし、ニートだの引きこもりも増えてるから。
結婚のお世話をしてくれる、おせっかいな人も居ないから。

投稿日時 - 2018-07-16 14:05:30

お礼

恋愛意外に楽しいこと、増えましたね。
人と接することには結構労力使いますからね。
自分から告白しないけど相手から告白されたら付き合ってもいいという気持ち、わかりますね。
子供を望む人、減っていますね、育てるにお金が掛かり過ぎて、無理心中じゃどうしようもないです。
正規雇用の人の数、減る一方ですね。
結婚の世話をしてくれる人も居なくなりましたね。

投稿日時 - 2018-07-16 20:19:17

ANo.9

昔に比べると、食べ物も豊富で贅沢な生活も出来る様に世の中は
変わりました。
人も、食べ物の様に自給自足や、自分で働いて一人で生活出来る
くらいの余裕も出来、恋愛しなくても生きていけるという目線向上が
人間として心のゆとりになり、独身でも大丈夫って思える世の中へ
変化して来たのではないでしょうか。

または、人と人との関わりを嫌がる世の中へ社会が変化して
独身なら関わりも少ないですし、、嫌と思える事へのマイナス部分を
減らしていけるし、結婚すれば人と人の関わりは必ず有りますから
物の豊富さ・贅沢から独身の方が楽とか、、思える風潮に変わって
しまった現実なのかも。

投稿日時 - 2018-07-16 07:06:38

お礼

自給自足のしやすさが増して、独りでも大丈夫な気持ちを持つ人が増えたんですね。
人との関わりの煩わしさから自発的に遠のく傾向もあるのですね。

投稿日時 - 2018-07-18 05:31:07

ANo.8

私が良く知る外国だとイランくらいしか知らないですけどやはり最近は女性が職につくとようになり、そして結婚しない人が増えているとの事です。
元々男女平等な考えの国なら早い段階からそうだったのでは無いですかね。
これに関しては勝手な想像ですが。

投稿日時 - 2018-07-15 23:03:45

お礼

平等が進み、一人でも生きて行ける収入を得やすくなったということですね。

投稿日時 - 2018-07-18 05:22:53

ANo.7

まずは女性の結婚願望が薄れてしまったからでしょう。
子を産みたいと思わない女性も増えているし。
そのあたりが一番大きな要因だと思いますね。

投稿日時 - 2018-07-15 22:08:13

お礼

増えているらしいですね。
何故なんだろう。
日本ではという事になるのか、それともそうでもないのか。

投稿日時 - 2018-07-15 22:24:54

ANo.6

ひとりの方が楽という点と昔のように給与がいいわけではない。
昔共働きなんて珍しい方でしたが今は当たり前の時代ですよ。
バブル期をはじけて生きた若者が今老害にかわりこの社会政治を動かしている以上老害の住みやすい社会づくりしかしませんので今の若者は老害の養分ですから金を渡すわけないじゃないですか。

投稿日時 - 2018-07-15 21:39:19

お礼

給与に関しては、飛んでもない薄給です。
共働きのかた増えてますね。

投稿日時 - 2018-07-15 22:26:56

結婚しなくてもいいと思っているから。

投稿日時 - 2018-07-15 21:25:57

お礼

そういう人増えていますね。
恋愛もしないのでしょうか。

投稿日時 - 2018-07-15 22:27:25

女性の社会進出と雇用機会の均等化が一つの原因でしょう。

昔は女性は、一部の人を除いては男性に養って貰わないと経済的にヤバかったですから。
若くて綺麗なうちに、稼ぎのよい男性を捕まえないと、極貧まっしぐらでしたからね。
世間体もあったしね。


今は、雇用機会の均等化で、男性の平均給与が下がって、その分、職も給与もいくらかは女性に行くようになりましたからね。

だから共働きじゃないと昔のような収入はなく、男性が養うというスタイルの確立が困難になっているわけです。



男性は給与が少ないから、女性を養う自信を無くし、
女性は、自分でもそこそこ稼げるから男性により多くを求めるようになり、それが無い男性に対しては、じゃあ一人のが気楽でいいやと。
苦労してまで結婚しなくてもよいと。
そういうわけです。



もし、結婚率や出生率を上げたいなら、結婚や子育てに明らかにメリットがあるようにしなければダメだと思いますよ。

例えば、結婚、子育てにかかる費用は国が負担してくれるとか、学費もタダとか。税金も大幅減額とかね。
え?資金源?
それはもちろん独身者の税金を上げるのですよ。
嫌ならさっさと結婚して子供作りなさいとね(笑)


子供が増えれば将来働き手が増えて、税収も潤うので元が取れます(笑)

投稿日時 - 2018-07-15 21:22:01

お礼

給与が低いと自信なくなりますね。

投稿日時 - 2018-07-15 22:28:53

ANo.3

簡単に言えば
「贅沢になったから」です。
そのため異性の価値観も
贅沢に考えるからでしょ?

投稿日時 - 2018-07-15 21:15:07

お礼

贅沢を望み、薄給ですと両立できませんね。

投稿日時 - 2018-07-15 22:29:42

ANo.2

昔程、結婚の必要性が無いからではないでしょうか。
私は40代半ばですが、恋愛はしていたいけど結婚したいとは全く感じません。

投稿日時 - 2018-07-15 20:52:03

お礼

その必要性が減っている為ですね。

投稿日時 - 2018-07-15 21:07:31

結婚してないから。

投稿日時 - 2018-07-15 20:50:00

お礼

結婚してない人が多くなっているのは何故でしょうか。

投稿日時 - 2018-07-15 20:55:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-