こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

ティラノサウルスの移動速度について

脚の筋肉だとかを調べると時速20キロくらいが限界だとかという説もあるみたいですがどう思いますか?学者とかは力学とかいろいろな理論的な部分を当てはめて研究しているんでしょうけど、私は難しい研究とかそういうのわかりませんが、動物とかに目を向けると、巨体のアフリカゾウでさえ時速40くらいだせるし、みるからに遅そうなカバでさえ本気だすとなかなか速い動きしますよね。現存している動物の動きとかって、恐竜の移動速度の研究には当てはまらないのでしょうか?それとも研究者は視野が狭いのでしょうか?
どう思いますか?

投稿日時 - 2018-07-25 19:29:13

QNo.9521801

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

 恐竜に近い動物と言えば、ワニがいますが、足が短いくせに凄い速度で追い掛けて来てパクリと噛み付くので、足が速い動物でも逃げ遅れて食べられてますよね。ティラノサウルスも同じではないでしょうか。全力疾走すると物凄く速いのかもしれませんよ。そうでなければ、いつも逃げ切って進化が進んだ哺乳類がいたはずですが、1m以上大きな哺乳類はいなかったそうですからね。

 恐竜の新陳代謝に関しては哺乳類をモデルにした推測の域を出ないので、どのくらいの代謝機能を発揮出来るかは詳しくわかっていません。仮説の域を出ない論議だと思います。

投稿日時 - 2018-07-26 11:27:11

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-08-02 19:22:06

ANo.3

生態として 必要性があったか というポイントが重要なのだと思います。
捕食される側の草食獣が
防御を固める・・・トリケラトプス ステゴサウルス
武器を装備・・・・アンキロサウルスの尻尾
そして逃亡するためにスピードを獲得する種もあったでしよう。
それを捕食するにはスピードは必須。
スピードがなければ 腐肉を摂食する方向に進む

スピードについても 食性についても まだまだ研究段階で どちらも確定できる 証拠や根拠はみつかっていないようですね。

投稿日時 - 2018-07-26 11:25:54

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-08-02 19:22:41

ANo.2

カバは四つ足で安定しているので、全力での走行が可能なのでしょう。
二足歩行の人間は、頭が直上にあります。
それに比べてティラノサウルスは前方に突き出しているので、全力走行ではバランスをとるのは難しいでしょう。
となると速度を抑えて、容易にバランスがとれる範囲に落ち着くのでは。

投稿日時 - 2018-07-25 22:05:41

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-08-02 19:21:07

ANo.1

この間、Eテレでやっていました。録画しているので全部見ていませんですが、
ちょうどご質問の部分を見ていました。
筋力は有り、その気になったら40キロは出るようですが、バランスを崩すようです。骨格の組み合わせの違いだそうです。
再放送がNHKEテレ 7月30日(月) 午前0時00分
地球ドラマチック「徹底検証!ティラノサウルス~最強恐竜の真実~」
です。微妙な間違いやすい時間表示ですね。真夜中かな・・・。

参考URL:http://www4.nhk.or.jp/dramatic/x/2018-07-29/31/26587/2340523/

投稿日時 - 2018-07-25 19:44:31

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-08-02 19:20:28

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-