こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

文章力 語彙力

宜しくお願いします。

文章力や語彙力を身に付けるには?


文才といった文章力や語彙力がある人いますが、そういった人たちとは逆に私のような薄っぺらな文章力しかない人もいますね。


職場でも業務内容等の記録を専門用語や身近な単語を使って上手く文章で表現している人たちがいます。


違った職種の作詞家でも、体験談もあるかと思いますが、いろんな言葉や単語、語彙といった表現力で詞を書く人ばかりいますね。


私からすればそういった記録を残すときに伝えたい適当な単語や語彙といった引き出しが少なくて、どのような文章で上手く記録を残すか、一つの記録を残すためにどれ程無駄な時間を費やしてるかと文章力以前に学力すらないことに改めて気づきます。


上記のような詞を書くのと業務内容等の記録を残すのでは表現力や文章力も違うと思いますが、文章力や語彙力を身に付けるには、何からはじめればいいですか?

投稿日時 - 2018-08-12 01:13:27

QNo.9526764

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

文才に関しては、遺伝するらしいですよ。意外な気がしますが、よくよく考えると割と納得です。

語彙力については、質問文を読む限りはそう絶望的な語彙ではないようにも思いますが、今現在の自分自身の語彙力に不満を持っているなら、沢山本を読むことだと思います。
今は本屋さんに「大人の言い回し辞典」とか「大人の語彙力」みたいな本が沢山あるのでそういう本を読むのもいいでしょうし、いわゆる古典と呼ばれるような小説を読むのも良いと思います。

夏目漱石、三島由紀夫、芥川龍之介、太宰治、川端康成。この辺りの人たちはやはり日本語(文章)が美しいですよね。最近の作品では、「蜜蜂と遠雷」は作者が12年かけて書き上げたというだけあって言葉ひとつひとつが丁寧に選ばれているなあと感じました。

投稿日時 - 2018-08-12 11:57:03

お礼

参考にさせていただきますが読書したくても、じっとするのが嫌なんですよね。。。

投稿日時 - 2018-08-12 20:40:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

>読書したくても、じっとするのが嫌なんですよね。。。

読書をせずに語彙力をつけたいというのは、勉強しないで東大に行きたいくらいの都合のいいお考えでござるよ。
逆に、本を今まで一冊も読んだことないのにそれだけ語彙がありゃたいしたもんだと思います。これ以上の伸びしろはないのだろうけれど。

投稿日時 - 2018-08-13 10:38:33

ANo.7

簡単です。
文章力や語彙力を身に付けるには、

「読 書」

に限ります。

様々なジャンルの文章(本、記事、コメントなど)を、たくさん読めば読むほど効果的です。そして出来れば、その文章の内容を理解するよう心掛けて下さい。
(理解できれば、おのずと文章も書けるようになり、語彙力も増します)

これだけです。

もし、文章を読むこと自体が嫌いということでしたら、
文章力や語彙力を身に付けることに、自分は向かない と諦めて下さい。

投稿日時 - 2018-08-13 10:03:45

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-13 20:17:29

ANo.6

新聞を読むとともに、記事に関する意見や感想などを新聞の投書欄に投稿し、自分の投書が掲載されるのを目標にするのが効果的だと思います。文章力や語彙力を身につけるといっても、目に見える具体的な目標がないとモチベーションが保てませんし、実際に文章力や語彙力がついたかどうか判断できません。

投稿日時 - 2018-08-12 15:15:42

補足

読書したくても、じっとするのが嫌なんですよね。。。

投稿日時 - 2018-08-12 20:38:31

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-12 20:36:23

ANo.5

お気付きの通り、先ず対象を正しく捉える学力が不足しているということです。

文、文章を書くには先ず対象を正しく捉え、それを適切な語彙により文章化しなければなりません。しかし、これらは相互に関連しており総合的な学力なしには不可能です。

そのためには、新聞や雑誌などを良く読み、そこに展開されている論理を理解し、不明な語は辞典で確認しなければなりません。こうした、積み重ねにより学力を向上する以外に表現力をつけることはできません。

したがって、まづは新聞の興味ある記事や、力をつけたい分野に関する記事を読解し、辞書を片手に語の意義を確認する必要があります。パソコンやスマホも活用し、力を付けましょう。日記を書くだけでも効果はあります。

また、文章読本などを読んでみるのも有効です。■

投稿日時 - 2018-08-12 13:46:53

補足

読書したくても、じっとするのが嫌なんですよね。。。

投稿日時 - 2018-08-12 20:38:11

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-12 20:37:21

No.2の書き忘れ。

なにか読むなら,新聞記事がいいと思います。「なにがどうした」という無機的な内容であり,業務報告書に近いです。使ってある単語も,選ばれている。意見をまじえた文章なら,社説。

新聞は新聞でも,コラムはだめです。ベテラン記者が書くそうですが,最近のできはわるい。「天声人語」はなんとかましですが,ほかの全国紙はだいぶレベルが下がり,地方紙になると学童の綴り方なみです。

投稿日時 - 2018-08-12 10:41:41

お礼

読書したくても、じっとするのが嫌なんですよね。

投稿日時 - 2018-08-12 20:40:34

少なくとも質問文を拝見するかぎりは,ちゃんとした文章だと思います。ここ(OKWave)でグダグダの日本語で質問文を書くバカ生徒・学生よりも,はるかにましです。

作詞家とか詩人,コピーライターなどの作物(さくぶつ)は,あまり目標にならないと思います。こういう連中は,コトバで「遊んで」いるからです。正確な表現が必要となる業務内容を書く日本語ではありません。

文章をうまく書きたいなら,自分がいちど書いたものを読み直し,わかりにくい構文や単語を修正するといいと思います。ある単語を不適切に感じれば,国語辞書を引いて正確な意味を調べ,適切ならそのままにする。不適切なら,ほかに思いついた単語を次々に調べていき,最適解をみつける。

投稿日時 - 2018-08-12 10:22:29

たくさん本を読むことです。
わたしが言えた立場ではないですが、表現力は確実に身に付きます。あと尊敬する人のモノマネでも良いです。自然と身に付くようになってきます。

投稿日時 - 2018-08-12 02:21:07

お礼

読書したくても、じっとするのが嫌なんですよね。。。

投稿日時 - 2018-08-12 20:42:27

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-